ディズニー大好き愛妻家、仕事で行けない妻を顔パネルにしてディズニーワールドへ(米)

拡大画像を見る

ディズニーが大好きという米テキサス州ダラス在住のキースさん(Keith)と妻のジェナ・バークマンさん(Jenna Burkman)は先月、フロリダ州オーランドにあるディズニーワールドを3日間の予定で訪れるはずだった。

しかしジェナさんはブリーダーの仕事で旅行をキャンセルせざるを得なくなり、「せっかくだから1人で楽しんできて!」と夫の背中を押した。

米通信大手のマネージャーとして働くキースさんは「僕を特別扱いしてくれた妻に心から感謝したね」と明かすと、次のように述べた。

「僕たちが飼育するフレンチ・ブルドッグのうちの2匹が赤ちゃんを産んで、妻は子犬の世話で行けなくなってしまったんだ。もちろん妻も相当のディズニーファンだけどね。死ぬまでにやりたいことを書き出した僕のバケットリストに『1人でディズニーを周りたい』という夢があることを知っていて、少し早めのクリスマスプレゼントをしてくれたんだ。そこで僕は妻に『君は特別な存在だよ』と伝えるため、あることを考えたんだ。」

キースさんのアイデアとは、ジェナさんの顔写真を大きく引き伸ばして段ボールに貼り、気持ちだけ一緒にディズニーに連れて行こうというもので、早速持ち手がついた妻の顔のパネルを制作。パネルにぺちゃんこになった妻を意味する“ミセス・フラット・ワイフ(Mrs. Flat Wife)”と名づけ、全てのライドを共にすることにしたのだ。

するとこれがパーク内で多くの人の注目を浴び、キースさんは行く先々で「それはいったい誰なんだい?」「どうしてパネルを持ち歩いているの?」などと声をかけられ、たくさんの新しい友達ができたという。また「一人旅で寂しい思いをしているのでは」と心配していたジェナさんにも大好評だったようで、キースさんは「妻は僕に愛されていると感じたようで、とても感謝していたよ」と興奮気味に述べると、こう続けた。

「いくつかのライドではパネルの妻が飛んで行ってしまうのではないかと心配だったけど、きつく握りしめていたから大丈夫だった。ただライドのスピードが上がっていくと、パネルの妻には伏せていてもらうしかなかったよ。ほとんどのライドでは乗った直後に写真を撮っておいたけどね。」

キースさんはそうして撮った写真をディズニーファンが集うFacebookに投稿したが、「一緒に写真を撮らせて!」と言ってくる人やライドを降りる際に「ああ、あの写真はあなたね! ミセス・フラット・ワイフはどこなの?」と言ってくるキャストまでいたという。またボート型ライド“イッツ・ア・スモールワールド”では、キャストの計らいでミセス・フラット・ワイフと2人だけで乗船しロマンチックな旅をすることができたようで、当時の写真を見るとラブラブ感が伝わってくる。

実はキースさんが一人旅にこだわったのにはこんな訳があった。

「我が家には子供が6人いてね。そのうち5人はすでに成人しているけど、これまではいつも子供がいたから自分が乗りたいものに乗れなくて。いつか“子供なし、妻なし、不平なし”のディズニー旅行をしてみたかったんだ。」

「それに僕はディズニーグッズのコレクションもしているからね。パークに行って特定の街灯のサインの写真を撮るだけでも楽しいんだ。子供たちはまず、全てのライドに乗りたがるからね。」

そう語るキースさんはパーク内の普通だったら行かないような場所も散策し、フレンドリーな人々とのおしゃべりを大いに楽しんだことも明かしており、「僕とミセス・フラット・ワイフはたくさんの新しい人に出会い、素晴らしい時を過ごしたよ」とコメントしている。

一方のジェナさんは「本当は一緒に行きたかったけど、夫が写真だけでも私をディズニーに連れて行ってくれたことを嬉しく思っているわ。夫が送ってくれたおどけた写真にも大いに笑ったし」と述べ、「次は1月に家族でディズニーワールドに行く予定なの。私たち家族はディズニーが大好きなのよ」と笑顔を見せた。

画像は『The Mirror 2021年10月12日付「Disney-mad dad takes cardboard cut-out of wife to theme park - while she works at home」(Image: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 10/14 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます