前島亜美 デビュー10周年記念写真集発売、幼い頃から好きだった色をタイトルに

拡大画像を見る

前島亜美が2020年にデビュー10周年を迎えることを記念して写真集『白群(びゃくぐん)』(小学館)の制作がきまった。声優活動を開始してからは初の写真集となる。


着物や浴衣などの和装から、大人っぽいドレス、また、自身が通っている美容室で自ら髪の毛をカットするなど、前島亜美のやってみたかったアイデアがふんだんに詰まった作品になった。


タイトルになっている『白群(びゃくぐん)』とは、やわらかく白みを帯びた青色で、本人が幼い頃から好きだった色。写真集には、白群の持つ澄んだ緊張感のある空気感が漂っており、芸能活動11年目に入った今の前島亜美が詰まった写真集になっている。


<前島亜美コメント>

写真集「白群」を発売させて頂くことになりました。

2020年でデビュー10周年を迎えた記念として動き出した写真集が

1年と少しの期間を経て無事発売できることをとても嬉しく思います。

「白群」とは私が幼い頃から好きだった色の名前で芸能活動11年の中で沢山の景色に出会ってきました。様々な色を知った上で、もう一度白群のように澄み切った“素の自分”でありたい、柔らかさとしなやかさ、そんな私を写真に残せたらと思いました。

大好きな和の雰囲気も取り入れて、数年伸ばした髪の断髪式もしています。

8年振りの“今の私”の写真集を是非お手にとっていただきたいです。



前島亜美 写真集

『白群』

撮影:細居幸次郎 

価格:3,300円(税込) 

発売日:11月19日 B5判 96ページ 小学館刊


関連リンク

  • 10/14 20:50
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます