維新・吉村洋文副代表 街頭演説に大歓声、まるでライブ会場 衆院解散「バンザイ要る?」にも沸く

拡大画像を見る

 日本維新の会副代表・吉村洋文大阪府知事(46)が14日、大阪府・JR高槻駅前で街頭演説に登場。依然として新型コロナウイルスまん延が続く中、ひと目見ようと多くの府民が駆け付けた。

 バスロータリーの柵前に四、五重の人、人で、ライブ会場さながら。午後6時過ぎに姿を見せると、「キャー!」などと歓声と拍手が起き、女子高生から高齢者まで老若男女、問わず人気ぶりが目立った。「危ない」、「間隔をあけて」など、警備に当たったスタッフも右往左往する中、維新の会副代表として30分間、政策などを熱く語った。

 この日、衆議院が解散。今月19日の公示、31日投開票の衆議院選挙に向け、選挙戦がスタートしたが、吉村氏は「見ました?解散。(議員が)バンザイ、バンザイってやってるの」と問い掛けると、続けて「あのバンザイ、いる(要る)?あれ、なんなの。これいらんで。普通にやっている国会のおかしな感覚。これ絶対にあらためなきゃ。まともな感覚の人に国会に行ってもらいたいんです」と疑問、持論を展開した。

 日本維新の現有は10議席。党単独で法案を提出できる21議席を衆院選での「最低ライン」とし、第一次としてこの日は91人の候補者擁立を併せて発表している。

関連リンク

  • 10/14 20:29
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます