林遣都、ファンの悩みに回答「同性の幼馴染に告白すべき?」に私見

拡大画像を見る

俳優の林遣都、女優の小松菜奈が14日、都内の劇場で行われた映画『恋する寄生虫』(11月12日公開)女性限定試写会トークイベントに出席した。


作家の三秋縋氏の同名小説を原作に、極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けない主人公・賢吾(林)と、視線恐怖症に苦しむ不登校の女子高生・ひじり(小松)が、徐々に心を通わせていくラブストーリーを描く。林と小松は本作で初共演、ダブル主演となる。


映画にはキーポイントとなる“クリスマスの約束”があることから、会場には高さ2メートルのクリスマスツリーを設置。林と小松は、「フタゴムシ」のオーナメントをツリーに飾り、ツリーを完成させた。司会者から「サンタさん信じていた?」と聞かれた小松は、「信じていました。…いや、信じています!」と言い直し。林も「僕はめちゃくちゃ信じています!」と力を込めた。


この日はTwitterで募集した悩みに回答する相談コーナーが企画された。虫が苦手というファンから「どうしたら虫に恋できる?」という悩みが寄せられると、林は「恋しなくていいんじゃないですかね。僕も虫そんなに得意じゃない」と返答。続けて「最近は命を感じることが大事なんじゃないかって…。見た目が嫌なものでも頭ごなしに否定するのではなく『みんな生きているんだ』って思うようになった。蚊に刺されても『この血を吸って生きているんだな、生きなきゃいけないんだな』って。そう思うようになってから逃がすようになった」と明かした。

林の意見を聞いた小松は「私は(蚊が血を吸っていたら)叩いてしまいますね(笑)。血は吸われているので、容赦ない」と素直な意見。もしゴキブリを見かけたら「とんでもないですよ!」と嫌悪感をあらわにし、林に対して「どうやって捕まえて逃がすの?コップ?」と質問。すると林は「叩きます」と即答し、会場の笑いを誘った。


また「同性の幼馴染に告白するべきか、いまの関係を保つべきか」という恋愛相談には、林は「自分の気持を話して関係が崩れることは恋愛に限らずあること。自分でじっくりタイミングを見極めて関係が崩れるのが悲しいことであるなら、踏み出さないほうがいい。勇気をもって伝えることで傷つくかもしれないけど、それでも踏み出した自分を讃えて、いい経験だと言い聞かせられるなら、勇気を出して言ったほうがいい。言ったことによって何か前に進むから」と意見を述べた。



「写真が苦手。どうやって自然に映る?」との声に林は「僕も写真はいまだに苦手」と吐露。「菜奈ちゃんと一緒に並んで写真を撮ると、なんか自分素人みたいだなって(笑)。素人が紛れこんでいるぞって思われているんじゃないかって思う」と苦笑いで、「僕は撮影で力が入っちゃって口をつむいでしまうクセがある。なので、ふっと軽く口を明けています。閉じすぎないようにしていますね」とコツを伝授していた。

関連リンク

  • 10/14 20:25
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます