【海外競馬】イギリスのスターマンが引退 今年のジュライC覇者

 今年のジュライC覇者で今月16日の英チャンピオンズスプリントS(英G1)に出走予定だったスターマン(牡4、Starman)が軽度の故障により同レースを回避し、引退することを現地メディア「Racing Post」が報じた。

 スターマンは、父がMr. Prospector系のDutch Art、母Northern Star、母の父モンジューという血統の英国産馬。イギリスのE.ウォーカー厩舎の管理馬。

 通算成績は8戦5勝。デビューから3連勝で軌道に乗ると、5戦目のデュークオブヨークS(英G2)で重賞初制覇。勢いのままに続くジュライC(英G1)も制し、管理するE.ウォーカー調教師にとっての初G1タイトルをプレゼントした。

 今後はアイルランドのタリーホースタッドで種牡馬として繋養される。

関連リンク

  • 10/14 19:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます