「Amazon Prime Mastercard」発行開始へ、Amazonで2%・コンビニ3社で1.5%還元

拡大画像を見る

 アマゾンジャパンと三井住友カードは、提携カード「Amazon Mastercard」を11月1日にリニューアルし、新たに「Amazon Mastercard」「Amazon Prime Mastercard」の2種類の年会費無料カードの発行を開始する。

 Mastercardブランドのクレジットカードで、Amazonプライム会員の場合はAmazon Prime Mastercard、プライム会員でない場合はAmazon Mastercardを発行し、カードに応じた特典を提供する仕組み。
 利用額に応じてAmazonポイントを付与し、Amazon.co.jpでの買い物におけるAmazonポイント還元率は最大2.5%(旧ゴールド会員は2.5%、新Amazon Mastercard会員・旧クラシック会員は2%)。他の店舗でのAmazonポイント還元率は従来と同じ1%だが、新たに主要コンビニ3社(セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン)では、通常より0.5%上乗せの1.5%還元となり、お得度がアップする。
 非接触型決済「Mastercard コンタクトレス」にも新たに対応し、ショッピング補償額、旅行損害保険額も引き上げるなど(旧サービスのクラシックとの比較、ゴールドとの比較では引き下げ)、近年のクレジットカードのトレンドにあわせ、サービスを見直した。なお、カード発行後はプライム会員の契約状況に応じてサービス内容が変わる。
 従来の「Amazon Mastercard(クラシック、ゴールド)」は、11月1日に自動的に新サービスに切り替わる。Amazon Mastercard/Amazon Prime Mastercardの新規申込は11月中に開始予定。

関連リンク

  • 10/14 19:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます