田中圭の決め台詞&安田顕とのコンビ感に注目『らせんの迷宮』スタート

拡大画像を見る

田中圭が主演を務める金曜8時のドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~※初回2時間SP)が10月15日からスタート。田中は、32億個の遺伝子配列を記憶する天才遺伝子科学者・神保仁役を演じる。

本作は、作・夏緑、画・菊田洋之による人気コミック「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」を実写化したヒューマンミステリー。「DNAは嘘をつかない」が口癖の神保(田中)が、熱血刑事・安堂源次(安田顕)や科捜研の乱原流奈(倉科カナ)と共に、遺伝子捜査の裏にある人間模様に迫る。

<第1話あらすじ>
都内で「X」印の傷を負った遺体が発見される。刑事・安堂源次(安田)は「エックスが再び動き出した」と犯人逮捕に意気込むが、課長・栗原四郎(渡辺いっけい)は捜査からはずれるよう指示。科捜研の乱原流奈(倉科)ら若手は疑問に思うが、その裏には10年前のある連続殺人事件が関わっていて――。

納得できず秘密裏に動き出した源次は、最近知り合った変わり者の神保仁(田中)が天才DNA科学者だと知り協力を仰ぐ。

関連リンク

  • 10/14 19:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます