島津悦子 3年前に結成された「農業女子応援隊」初公演

拡大画像を見る

 演歌歌手の島津悦子(59)が14日、都内で歌謡ショー「農業女子応援隊 艶歌華舞台」に出演。若山かずさ(57)、北野まち子(53)ら農業にゆかりのある演歌歌手で結成された「農業女子応援隊」の初公演となった。

 3年前に発足した「農業女子応援隊」の初公演は昨年開催予定だったが、コロナ禍の影響で再々再延期に。島津は「立ち上げてから色々な事があって、できるかなと不安だったけど、今回は絶対やろうと思っていた」と開催を喜んだ。

 舞台では「米も人生もおいしく」をテーマに演歌のほか、芝居も披露。芝居という慣れない分野に挑戦することについて「今月入ってから台本を覚え始めた。それまでみんな台本覚えていなかった。今日はどうなることやら」と笑っていた。

 出演者5人が代わる代わるステージに登場し、「恋人よ」「夢一筋」など22曲を披露。昼夜二公演で500人を盛り上げ、今後の目標を「全国の市町村に行きたい。うちの町にも来てと言う方がいたらお願いします」とアピールしていた。

関連リンク

  • 10/14 19:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます