入野自由「この先も何度も見ていきたい」 「DUNE 砂の惑星」IMAX映画化

拡大画像を見る

 声優の入野自由(33)が14日、都内で行われたハリウッド映画「DUNE/デューン 砂の惑星」(15日公開)吹き替えキャスト大集合!公開直前イベントに、皆川純子(非公表)、森川智之(54)、安元洋貴(44)、内田真礼(31)と登壇した。

 “SFの始祖”とも言われ、「スター・ウォーズ」、「風の谷のナウシカ」など数々の名作に影響を与えた、65年発売のフランク・ハーバードの米SF小説が原作で、IMAX作品として5度目の映像化。未来が見える能力を持つ主人公・ポール(ティモシー・シャラメ=吹き替え・入野)が砂の惑星デューンで、全宇宙を救うために宇宙帝国との宇宙戦争に挑む。

 オファーまで原作を知らなかったという入野は「シナリオも知れば知るほど奥が深くて、一度見ただけではなかなか理解が全てに及ばないので、この先も何度も見ていきたい作品だなと思っています」と語った。

関連リンク

  • 10/14 18:32
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます