窪田正孝主演「ラジエーションハウス」視聴率爆上げの秘策はあのドラマとのコラボ?

拡大画像を見る

 俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)の第2話が10月11日に放送され、世帯平均視聴率9.8%だった。2ケタこそ逃したものの、昨年窪田が主演を務めた朝ドラ「エール」(NHK)に出演した俳優が3人も出演したことで、大きな反響を呼んでいる。

 このドラマは、2019年4月期に同じ月9枠で放送された作品の続編。甘春総合病院の放射線科「ラジエーションハウス」を舞台に、CTやMRIで病気を見つめる診療放射線技師の活躍を描き、前作は全話平均視聴率12.1%を獲得した。第2話では、陸上競技会中にてんかん発作で転倒して、頭を強打した12歳の小学生・速川走太(長野蒼大)のCT検査依頼が入り、陸上のオリンピック選手だった父・一郎(眞島秀和)と母・叶恵(入山法子)、一歳年下の妹・花恋(白鳥玉季)が甘春総合病院に駆けつける。

 母親役を演じる女優の入山は「エール」で、カフェの女給・希穂子役で出演。主人公の裕一(窪田)の親友・鉄男(中村蒼)との叶わぬ恋が話題になった。そして、天才子役の名前を欲しいままにする白鳥玉季は、幼い頃の裕一を投げ飛ばすおてんば娘・とみ役。そのほかにも、脳外科医・渋谷慎一役を演じる野間口徹は、主人公夫妻行きつけの「喫茶バンブー」のマスター・梶取保として茶の間の人気を集めていた。

 3人の登場に「エールメンバー多い」「野間口さんもエールに出てたし。なんか嬉しい」「朝ドラエールファンにはたまらないメンバー」などの声も上がっている。

 しかし、「エール」メンバーの出演は、さらに続くようだ。

「10月18日に放送される第3話には、秘密を抱えた小学校教諭・宮本すみれ役に、『エール』に出演した女優の堀田真由も出演。『エール』で堀田演じるダンスホールの踊り子・志津は、実は小学校の同級生・とみが成長した姿。堀田は『(窪田と)今回が久しぶりの再会でした。“大人になったね”と言って頂き、役者として別の作品でお会いできるのは嬉しいです』と喜びを口にしています」(芸能ライター)

「ラジエーションハウスII」と朝ドラ「エール」の思わぬコラボ。今後も続くのならば、世帯平均視聴率の爆上げが期待できるかも?

(窪田史朗)

関連リンク

  • 10/14 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます