納言・薄幸「4本中3本酒飲める仕事」の告白にファンの反応は?

 やさぐれキャラで人気のお笑い芸人「納言」の薄幸が、お酒大好き芸人の矜持を示したようだ。

 薄幸は10月12日、「2本撮ってから今気づいたけど、今日4本中3本酒飲める仕事だ!何この日!ハッピーホリデー」とツイート。仕事で酒が飲める喜びを素直に表していたが、1日に3本も酒を飲む仕事が入っていることに、ファンはどう反応していたのだろうか。

「ファンからは批判どころから彼女の体調を案ずる声すらなく、ファン全員が《最高ですな》《うらやましい》など応援の声ばかり。これも、薄幸の酒仕事がすっかり浸透している証拠でしょう。さすがに『有吉の壁』(日本テレビ系)などゴールデン帯の番組で酒を飲むことはないものの、ファンにとっては彼女が酔っ払っているシーンはすでにおなじみの姿となっています」(エンタメ系ライター)

 そんな薄幸にとって典型的な酒飲み仕事が、YouTubeの「動画、はじめてみました【テレビ朝日公式】」内で配信されている「納言幸のやさぐれ酒場」だ。ヒコロヒーやアルコ&ピース平子とのサシ飲みなどトーク番組っぽい回もあるものの、見どころはやはり薄幸による飲みまくりシーンだという。


「前後編で配信された『No.1アレンジ酒を探せ』では、全15種類のアレンジ酒を飲み比べ。そのうち10種類ほどを完飲するという飲みまくり企画となっています。昨年9月には『史上最低の泥酔姿をお見せします』と題して、飲み比べの後編を配信。最後のランキング発表では寝ころんだままでトークし続けるなど、単なる呑兵衛配信となっていました」(前出・エンタメ系ライター)

 すっかり出来上がった様子ながら、トークのほうは思ったほど呂律が回らないわけではなかった薄幸。この調子なら1日に酒飲み仕事が3本続いても平気なのかもしれない。

※トップ画像は「納言 すすきみゆき」公式ツイッター(@nagonmiyuki)より

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/14 18:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます