半導体不足がスマホ市場を直撃、成長率予測を9%から6%に修正

拡大画像を見る

 香港のカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは10月14日に、2021年のスマートフォングローバル総出荷台数が半導体不足をおもな原因として、当初予測を下回る14.1億台に留まるという調査結果を含む、Global Smartphone Quarterly Shipment Forecastsによる最新調査結果を発表している。

 同調査によれば、2020年に新型コロナウイルス感染症によって市場が大打撃を受けた後、2021年のスマートフォン市場は強力なリバウンドによって好調な出だしを迎えた。メーカー各社は大量の部品発注を2020年末に行い、消費者が買い替えを遅らせたことで積みあがった需要があったことから、第1四半期は活況となった。
 しかし、2021年第2四半期には、一部メーカーで予定していた数量の8割しか主要部品が入荷しない事態が発生するとともに、第3四半期ではさらに状況が悪化し、一部メーカーでは予定数量の7割しか部品を入手できない状態となり、これが複数の問題を引き起こしている。
 カウンターポイントは、該当業界の9割が影響を受けているとみており、この事態が2021年下期の見通しに影響すると予測する。
 今般の半導体不足は、2020年第4四半期から問題となっていたものの、スマートフォン業界はDDI(ディスプレイドライバーIC)やPMIC(電源管理IC)の不足があったにも関わらず、早期に生産計画を立て先行発注したことや、アプリケーションプロセッサ(AP)やカメラセンサーといったDDIやPMICよりさらに高付加価値な部品を大量に在庫として抱えていたこともあって、成長を遂げていた。
 しかしながら、ファウンダリが何四半期も連続でフル生産しているにも関わらず半導体不足は続いており、スマートフォン業界でもその影響が表面化している。
 アプリケーションプロセッサの部品不足は、ファウンダリの新製造ラインの歩留まりが悪いことが引き金となっており、歩留まりの悪い状況が長引いた結果、連鎖反応が引き起こされた。新製造ライン頼りだったQualcommやMediatekといったAPベンダーは、半導体製造上の問題の影響を受けてプロセッサの供給不足に陥り、それがスマートフォンメーカーに影響しているという。

関連リンク

  • 10/14 18:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます