業界横断「#外食はチカラになる」プロジェクト開始 ぐるなび、楽天ペイメント、Tポイント、d払い、PayPayがサポート

拡大画像を見る

 外食関連企業と決済・ポイント関連企業28社は10月14日、来店促進と外食業界全体の活性化を目的としたプロジェクト「#外食はチカラになる」を開始した。同時に特設サイト(https://www.gaisyoku-chikara.jp/)もオープンした。

 「吉野家」「はなまるうどん」などを運営する吉野家ホールディングスが2021年7月に呼びかけ、外食企業と外食を日頃サポートするペイメント企業、共通ポイントサービス提供企業、飲食店の情報サービス提供企業全28社(21年10月14日時点)が一丸となって、飲食店へ来店するきっかけとなる特典を用意し、プロジェクトロゴなどの共通デザインを用いて来店を後押しする。
 プロジェクトに参画する飲食店ブランド総数は89、店舗総数は全国約9400店舗。主な参加飲食店ブランドは、かつや、からやま、串カツ田中、大戸屋、かっぱ寿司、デニーズ、松屋、吉野家、はなまるうどん、焼肉きんぐ、リンガーハット、天丼てんや、ロイヤルホストなど。
 参画するサポートサービス企業は、ぐるなび、Tポイント・ジャパン、NTTドコモ(d払い)、PayPay、楽天ペイメント(楽天ポイントカード・楽天ペイアプリ・楽天Edy)。今回は外食業界を横断したキャンペーン・取り組みで、楽天ペイメント、d払い、Tポイント、PayPayではそれぞれ「#外食はチカラになる」特別キャンペーンを実施する。
 キャンペーンや特典の提供期間は店舗・サービスによって異なる。先行して実施中のキャンペーン、10月14日スタートのキャンペーンもあれば、11月中旬~下旬にスタートするキャンペーンも多いので注目だ。

関連リンク

  • 10/14 18:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます