ファミマの「ブレンドコーヒー」リニューアル 新PB「ファミマル」誕生

拡大画像を見る

 ファミリーマートは10月19日、世界チャンピオンのバリスタ、粕谷哲(かすやてつ)氏と共同開発したブレンドコーヒーを全国の約1万6600店舗で発売する。

 創立40周年を記念し、「FAMIMA CAFE」の主力商品であるブレンドコーヒーをリニューアル。ファミリーマート史上初、風味豊かな高級ケニア豆を配合。深煎り豆の配合を1.2倍に増やし、豆本来の甘みを引き出す甘味焙煎を採用することで、重厚なコクと甘い香りを引き立たせた。また粕谷哲氏と共同開発の抽出レシピにより、ハンドドリップのように自然な抽出にすることで雑味を抑えた。価格は「ブレンドS」が100円、「ブレンドM」は150円、「ブレンドL」が180円。
 Sサイズの約2倍相当入った「ブレンドL」は、11杯分のコーヒー・カフェラテが10杯分で購入できる「ファミカフェ回数券」でも販売する(10月19日から)。有効期限は購入日から91日間。
 また、「ファミリーマートコレクション」や「お母さん食堂」として展開しているプライベートブランド(PB)商品を「ファミマル」としてリニューアル。同じく10月19日から全国のファミリーマートで順次展開していく。
 新PBファミマルの対象商品は、惣菜、冷凍食品、加工食品、菓子、飲料、日用品に加え、おむすび、お弁当、サンドイッチ、うどん、そば、ラーメンなど。

関連リンク

  • 10/14 17:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます