女子を本気にさせられない「二番手男子」の特徴9パターン

特に目立った問題はないのに、なぜか女子の本命になれない「二番手」の男性がいます。彼らに共通する「残念ポイント」にはどんなものが挙げられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「女子を本気にさせられない『二番手男子』の特徴」をご紹介します。

【1】気が弱すぎて、いざというときの押しが足りない
「押しが弱いから、正直どうしてほしいのかわからない」(20代女性)というように、少しは攻めの姿勢を見せないと、相手に好意が伝わらないこともあるようです。強引になる必要はありませんが、せめて「付き合いたい」という真意をわかってもらう努力をしましょう。

【2】自由すぎて「ついていけない」と思わせてしまう
「付き合ったら大変そうな人は考えちゃう」(20代女性)というように、自由気ままな振る舞いが目立つ男性は、女性から「交際がうまくいかないかもしれない」と不安視されるようです。女子ウケを考えるなら、「好きな相手には合わせるタイプ」など、付き合いやすい面もあることをアピールしてはいかがでしょうか。

【3】口下手すぎて、良さがあまり伝わらない
「無口な人ってなかなか距離が縮まらない」(20代女性)というように、コミュニケーション能力が低すぎても、自分の魅力を感じ取ってもらうのは難しそうです。自慢をする必要はありませんが、積極的に趣味や夢を語り、自分という人間を知ってもらうよう心がけましょう。

【4】包容力がありすぎて「お兄ちゃんっぽい」と思われてしまう
「頼りにしてるうちに、恋愛感情じゃなくなっちゃうことも…」(10代女性)というように、後輩から慕われるタイプの男性は、「いいお兄さん」に納まらないよう注意する必要があるかもしれません。大人の男ならではのステキなデートに誘うなどして、憧れの存在になるよう努めましょう。

【5】想像力がなさすぎて、ロマンチックな演出が下手である
「彼氏になるなら、たまには甘い演出もしてくれないと(笑)」(20代女性)というように、男性に対して「雰囲気づくり」を求める女性は多いようです。苦手でもトライすることで、「私のために頑張ってくれた」と感激させられるのではないでしょうか。

【6】話しやすすぎて、すぐに「良い男友達」になってしまう
「素の自分が見せられる相手は貴重だけど、恋愛対象外かも」(20代女性)というように、一度恋愛モードを解除した男性には、その気になれない女性が多いようです。早めに告白してしまうことが、手っ取り早い解決策ではないでしょうか。

【7】真面目すぎて、話していても面白みがない
「いい人なのはわかるんだけど…」(20代女性)というように、恋愛の盛り上がりを重視する女性にとって、落ち着いた男性は少し物足りないのかもしれません。ただし、結婚を意識している女性であれば、「理想的だ」と思われることもあるでしょう。

【8】ノリが良すぎて、軽そうに見えてしまう
「楽しいだけじゃ本気になれない」(20代女性)というように、サービス精神旺盛な男性のことを、警戒する女性もいるようです。「好きな子には一途なんだ」などとさりげなく主張して、ギャップで攻めてはいかがでしょうか。

【9】女友達が多すぎて「私だけ特別」と思われない
「大勢の中の一人はイヤだな」(20代女性)というように、好きな人には特別に扱われたいと願う女性は多いので、女友達の多さがマイナス要素になることもあるようです。「こんなに心を許せるのは君だけ」など、意識して「スペシャルな存在だ」と伝えていきましょう。

意中の女性が「恋の相手に求めるもの」を与えることができないと、なかなか本命にはなれないようです。人によって何を重視するかは違うので、普段の会話や過去の恋愛話から、さりげなく本音を引き出しましょう。(小倉志郎) 【調査概要】 期間:2014年4月28日から29日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/14 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます