NMB渋谷凪咲「赤に触れて過ごす」の謎発言で会場爆笑 ラグビー新リーグ会見で

拡大画像を見る

 NMB48の渋谷凪咲(25)、加藤夕夏(24)、原かれん(20)が14日、ラグビー新リーグ「リーグワン」1部NTTドコモ・レッドハリケーンズ大阪の公式アンバサダー就任会見に参加。新たなファン獲得やチームPR、SNSでの情報発信をしていく。

 会見に登場した渋谷は、昨年に続くアンバサダー就任に大興奮。「大阪からめちゃくちゃ大応援したい」と話し始めると、「私も勝利のビーナスになれるように、赤い旋風を巻き起こせるように、なるべく日常生活の中で、赤い色のものを取り入れて…」と謎の宣言。

 会場に笑いが起きる中、本人は至って真面目に「赤いものを食べて、赤いところを歩いてみたり、なるべく赤に触れて一生懸命、毎日を過ごしていきたい」と、アンバサダーとしての決意表明を語った。

 また、新たに加わった加藤は「大阪を盛り上げていけるように。ファンクラブは入会者だけのお得な特典。ファンのつながりをすごく大切にしています」と早速、アンバサダーとしてチームをPR。原も「かわいいグッズがたくさんあります。私はSNSでの発信が得意なので、一緒にテッペンを獲ります」と熱く宣伝していた。

関連リンク

  • 10/14 13:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます