気持ちは伝えたい!ケンカしても【別れ】に近づかない方法って?

拡大画像を見る


喧嘩というとあまり良いイメージはありませんが、喧嘩をすることにより、今まで以上に相手を理解して仲良くなれたという人は多いです。
問題は喧嘩をした後の行動であり、喧嘩別れにならなければ喧嘩も大事です。


謝る

解決策の一つとして、まずは仲直りをしなければいけないと言うことです。大きなことにならないためにも、一言「ごめんなさい」と彼に告げてしまうことです。
謝る時のポイントは、素直に謝ることとそして悪かった部分を先につげることです。


気持ちをいう

喧嘩といっても様々な喧嘩があり、口喧嘩がなんの喧嘩だったのかわからないぐらいヒートアップしてしまい、最終的にはただの悪口大会といったことになってしまっては、喧嘩別れの可能性が出てしまうのです。
喧嘩するときのポイントは、必ず自分の想いを冷静に告げることです。はっきりと気持ちを伝えることで、すれ違いがあった関係が素敵に纏まるのです。


雰囲気をかえる

喧嘩といえば、お互い思ったことを告げたものの気づけば嫌な雰囲気に追われてしまうものです。
喧嘩したくないと思っても、この雰囲気をいつもの状態に戻すのはとても大変なのです。
喧嘩したあとの雰囲気をどのように切り返すのかがポイントとなるのですが、なによりも重要なのが彼がどのようなタイプなのかと言うことです。
喧嘩しても翌日には素の雰囲気に戻っているのであれば心配ないですが、そうではないのであれば重たい雰囲気をなくす事です。


素直に伝える

口喧嘩は特に心に思っていなかったことばかり出てしまい、相手を傷つけてしまうということが多いです。
そんな言葉思ってないし言うつもりもなかったとしても、とっさに喧嘩をした際にでてきた言葉は、彼はそのままストレートに告げることだからです。
素直な気持ちというのは、面と向かって告げるのは大変なことであり、喧嘩している時に伝えにくいですから、ラインやメールで気持ちを伝えることが大事です。


まとめ

誰だって喧嘩は避けたいと考えるのは当たり前のことですが、それだけではなく考えられるのは彼が彼女との付き合いをやめたいと考える程の大げんかです。まずは、喧嘩をしてしまった人ならば冷静になることと少し彼との距離を置くことです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/14 13:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます