【次走】タイムフライヤーはスワンSを予定 15戦ぶりに再び芝路線へ

拡大画像を見る

 8月8日のエルムS(GIII)で8着だったタイムフライヤー(牡6、栗東・橋口慎介厩舎)は、10月30日に阪神競馬場で行われるスワンS(3歳上・GII・芝1400m)へ出走を予定していることがわかった。鞍上は池添謙一騎手を予定。

 タイムフライヤーは、父ハーツクライ、母タイムトラベリング、その父ブライアンズタイムという血統。通算成績は26戦5勝。

 2017年ホープフルS(GI)覇者で、一昨年のエルムSからダート路線に転向。昨年のマリーンS(OP)でダート戦初勝利をあげ、同年のエルムSで芝・ダートのダブル重賞制覇を果たした。

 その後1月に行われた根岸S(GIII)で3着、連覇を狙った前走のエルムSでは8着だった。今回は15戦ぶりに再び芝路線へ転向となる。

関連リンク

  • 10/14 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます