かまいたち、空気階段、サンドウィッチマンも…「賞レースに勝たないと破滅」!リスク高すぎ「芸人とカネ」の禁断ライフプラン

拡大画像を見る

 近年、キャラクターとして定着しつつある“クズ芸人”。ギャンブルに明け暮れ、多額の借金を返すことなく日々を送りながらも、まったく反省するそぶりもない、というスタイルが共通している。

 もっとも最近の例だと、今年10月2日放送の『キングオブコント』(TBS系)で見事優勝した空気階段。ボケ役の鈴木もぐら(34)は、18年2月の『サイゾー』インタビューで“借金600万のネクストブレーク芸人”とされていたが、20年11月放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)では「700万円」にアップ。典型的な借金芸人として知られていた。

 しかしながら、この“クズ芸人”が、実はスタンダードなのではないか、という疑問が急浮上。10月7日放送の関西ローカル番組『かまいたちの知らんけど』(MBS毎日放送)で、若手時代のかまいたちとゲストのサンドウィッチマンがこの件について語り合い、反響を呼んでいる。

「現在、人気絶頂の2組が顔を合わせるという超豪華なトークはキャンピングカー内で行われました。今年10月の時点で、かまいたちのレギュラー番組は16本。この状況を伊達みきお(47)は“天下取りだね”としつつも“なんか起こしそうだよね、不祥事”とイジったり、ぶっちゃけトークが行われましたが、ここで両者が若手時代を振り返ったんです」(女性誌記者)

 伊達は、07年に『M-1グランプリ』で優勝する前の仕事量を「ギリ食えるか食えないかの収入」「バイトは止められなかった」と語ったが、かまいたちの濱家隆一(37)の「めっちゃちゃんとしてる人ってイメージがあるんですよサンドさんって。借金なんかおよそ作る人じゃない」というコメントに、伊達が意外な事実を明かした。

「父親が銀行員の伊達は、上京の際に父親に“絶対借金すんなよ。借金したら(仕事柄)俺分かるからな”と釘を刺されていたものの、結局250万円を隠れて借金していたといいます。理由はギャンブルと、生活費の補填。ギャンブルについても、日払いバイトの給料9200円をそのままパチンコ屋で15分で溶かしてしまい、“今日何やってたんだマジで”と凹むこともあったといいます」(前同)

 しかし、サンドウィッチマンは『M-1』で優勝したことで「一撃で返した」と富澤たけし(47)は豪語。濱家の相方の山内健司(40)も『M-1』なかったら死んでますよね」と語り、「みんなそうやもんな。あれがなかったら俺ら死んでたなっていうのばっかりですもんね」と、自身も17年に『キングオブコント』で優勝するまでは、借金生活だったことを振り返った。

■「CMでいただくお金は周りの人の金利」

「濱家は“ぼくも200万円くらいありました”、山内も“それくらいあって、危ないと思ってカードとか切り刻んで二度と借りられないようにして……”としていました。この“カード切り刻み”も伊達は“そうそう”とうなずいていたことから、これも借金芸人あるあるなんでしょう。

 かまいたちは特に『アコム』で借金していたといい、いまやその『アコム』のCMに出演しているのを“変な気分”としていました(笑)」(前出の女性誌記者)

 濱家は『アコム』について「最後よくない形でお別れしてる」「何度も滞納して返してくださいってなってた」としたほか、伊達の「CMでいただくお金は周りの人の金利」という耳が痛くなる言葉に山内が「昔の僕の利息」と返して、この話題は終わった。

「今回は山内が賞レースを“あれがなかったら死んでる”としていましたが、実際のところ、そうした芸人は実に多い。10月6日に、アンジャッシュの児嶋一哉(49)がYouTubeチャンネル『児嶋だよ!』におぎやはぎの小木博明(50)が出演した『友達のおぎやはぎ小木さんがついに児嶋だよに来てくれたよ』が投稿されましたが、ここでも似た話がありました」(前同)

 動画の後半、おぎやはぎが売れ始めた時期を振り返っている際にトークテーマが「借金はいつごろ返した?」に移行。「みんなそうだけど」としつつ「スゴイ借金してたじゃん、俺ら」「オンエアバトル(爆笑オンエアバトル)で優勝して営業入りだしてエンタ(エンタの神様)に呼ばれるようになって借金返せてたんだけど……」と児嶋は振り返っていた。

「ちなみに、9月6日放送の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)で明かしたところによると、児嶋が多額の借金を抱えたのは、ブレイクできずにギャンブルに手を出し始めたコンビ結成6年目の頃。

 結婚前だった妻にヒモ同然に養われ、母親にも借金していた人生に嫌気がさして、芸人を辞める一歩手前だったそうです。相方の渡部建(48)は後年にこの話を聞いて、“あのタイミングで児嶋がそれを言ってたら、たぶん解散してただろう”とするくらい、先行きの見えない状態だったと18年に『文春オンライン』のインタビューで児嶋が明かしています」(前同)

■おぎやはぎは児嶋に500円あげた

 小木は児嶋に続ける形で「5、600万行ってるからね」と、自身の当時のとんでもない借金額を暴露。しかも当時は利子が高く、借金が膨れ上がっていて、「テレビに全然出てても、バイトしてるからね。じゃないと返せないから」「借金は結婚する直前(2006年)まであった気がする」と明かした。返済できたのは34、5歳のことだったという。

「借金時代のエピソードとして、児嶋は笹塚に住んでいた時代、新宿で行われた事務所主催のお笑いライブ『バカバク×ブートレグ』出演にあたり、“新宿についた時点で100円切っちゃって”“その時に楽屋でお金くださいって言って”と後輩芸人たちに小銭のカンパを募ったところ、東京03の豊本明長(46)やゆってぃ(44)は10円、50円ほどだったのが、おぎやはぎは500円もくれた、と明かしたんです。小木は“しょうがないじゃん。先輩が言うんだもん!”としていましたが、児嶋は“カッコいいと思って! 忘れないもんそのこと”と、実に恩を感じていることを明かしていました」(前出の女性誌記者)

 もっとも、小木いわく「俺が売れたらすごい返してやる。いい焼き肉屋連れてってくれるって約束したのに、連れてってくれないの!」と、児嶋にクレームを入れる一幕もあった。

「借金とは少し違いますが、バナナマンの設楽統(48)にも似た話があります。07年3月18日に、バナナマンは優勝賞金100万円の『ザ・イロモネア』(TBS系)に出演しましたが、その収録6時間前に設楽の自宅が火事になり、大事な写真やDVD、衣装、バッグ等のほとんどの私物を失ってしまいました。

 設楽は『イロモネア』の序盤で火事の話をしてから、最後の最後、ここぞというタイミングで“火事で焼けただれた携帯電話”を客席に見せて爆笑をさらい“火事にあったその日に優勝賞金100万円を受け取る”という伝説的なエピソードがありますね」(前同)

■今年賞レース王者になったあの芸人も!

 今年の『キングオブコント』で優勝した空気階段の鈴木もぐらの「700万円」の借金は、どうなるのか。

「昨年9月26日に『マイナビニュース』などが報じた、キングオブコント2020決勝前インタビューでも、”賞金1000万をコンビで分けると1人500万円だから一発は無理。借金700万円あるから”とネタにしていましたが、今年の『キングオブコント』に優勝したことで仕事が急増。

“どうしたらいいんですかね、無くなっちゃいますよ、借金が!”と10月10日に『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、キャラが減ることを危惧していました(笑)。10月4日深夜の『空気階段の踊り場』(TBSラジオ)によると、今後は“賞レース”からは身を引くそうです」(前出の女性誌記者)

 賞レースで優勝しないと借金が返せない。お笑いとは、そこまで自身を追い込まないと成功できない厳しい世界なのかもしれない。空気階段やかまいたちには、これからも頑張って欲しいーー。

関連リンク

  • 10/14 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます