長瀬智也、主演作『白線流し』での「超不自然カット」に続きついに『TOKIOカケル』からも“完全引退”!?番組史上最長「丸々1か月消えた」!

拡大画像を見る

「最近、長瀬智也(42)が『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で姿を見せないですよね」

 こう話すのはテレビ誌ライター。長瀬は、3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所し、TOKIOからも脱退したが、それ以降も『TOKIOカケル』には“過去映像”という形で何度も番組で姿を見せていた。

「『TOKIOカケル』は、長瀬が脱退して最初の放送となった4月7日からリニューアルして、ゲストの過去の出演シーンをまとめた『これまでの〇〇(ゲストの名前)とTOKIO』というコーナーが新たに設けられ、そこで長瀬は何度も登場していました。

『これまでの〇〇とTOKIO』は、フジテレビ系のTOKIOの番組に初登場となるゲストの回では行なわれず、これまでは5月26日の山崎育三郎(35)ゲスト回から6月9日放送の吉岡里帆(28)ゲスト回までの3回連続で放送されなかったのが最長記録でした。

 しかし、このところは9月8日放送の田中圭(37)ゲスト回を最後に、9月15日の木村拓哉(48)ゲスト回から10月13日のハライチがゲストで登場した回までの5回、期間にして1か月、『これまでの〇〇とTOKIO』が放送されず、長瀬も番組に出てきていないんです」(前同)

 最後に登場した9月8日放送以前は、頻繁に長瀬の“過去映像”が使われてきた。

「リニューアル初回となる4月7日の鈴木亮平(38)ゲスト回で早速長瀬の過去映像が取り上げられると、9月8日の田中のゲスト回までの全22回のうち12回で『これまでの〇〇とTOKIO』が放送され、そのすべてで長瀬は出てきています。それほど高頻度で長瀬は出ていたきてたにもかかわらず、9月15日以降、ピタリと出なくなってしまっているんです」(同)

■もう長瀬の姿は見られない!?

 10月11日に放送された『痛快TVスカッとジャパン』の特別版『スカッとカラオケ!日本の名曲VS最新曲SP』(フジテレビ系)でも不穏な事態が起きていた。

「番組では、スピッツの『空も飛べるはず』が紹介された際に、主題歌に起用された1996年放送の長瀬主演ドラマ『白線流し』(フジテレビ系)のVTRが流れました。ヒロインの酒井美紀(43)らがスカーフを川に流す伝統行事『白線流し』をするシーンが放送されたのですが、ここで長瀬は不自然に肩だけが映っただけ。

 本来は肩が映ってからアングルが変わり、長瀬が主役らしい登場の仕方をする場面だったんですが、そこがカットされて長瀬の姿はなし。画面端のキャスト紹介にはちゃんと“長瀬智也”とクレジットされてたのですが……」(前出のテレビ誌ライター)

 8月19日発売の『女性セブン』(小学館)で長瀬は、同誌の記者の直撃取材に答え、4月に開設した約118.5万人(10月14日10時10分時点)のフォロワーを抱えるインスタグラムアカウントについて、個人的なものとして始めたのに今では世間の多くの人が関心を集めていることに対して、「悲しく思うことがある」とコメント。引退についても、「辞めていないことになっているなって俺は思っている」と話していた。

「TOKIOの代表的な番組『ザ!鉄腕!DASH!!(鉄腕ダッシュ)』(日本テレビ系)でもまれに長瀬の映像は流れていましたが、『TOKIOカケル』は特別、長瀬の過去映像が多く流れる番組でした。

 たまたまなのかもしれませんが、ここにきて5週連続で長瀬の姿が出てきていない。そして、8月中旬発売の『女性セブン』で長瀬は、自分は引退していないような状況だと語っていた。もしかしたら彼のほうから、“もう以前の映像は使わないで”といった話が番組サイドにあったのかもしれませんね。長瀬は9月15日の放送から出てきていないわけで、タイミング的にも合致してしまいますね。

 長瀬は、インスタグラムも9月中旬から更新がない状態です。約半年間の“モラトリアム”を経て、いよいよ“完全引退”ということでしょうか……」(女性誌記者)

 もう長瀬の姿をテレビで見られることはない!?

関連リンク

  • 10/14 11:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます