イーサン・ホークが気味の悪い連続殺人犯を演じるホラー映画『The Black Phone』予告編公開

拡大画像を見る

ユニバーサル・ピクチャーズがホラー映画『The Black Phone』(原題)の予告編を公開した。監督は『エミリー・ローズ』『ドクター・ストレンジ』シリーズのスコット・デリクソン、主演はイーサン・ホーク。2人は2012年の『フッテージ』でも監督&主演俳優としてタッグを組んでいる。

本作はジョー・ヒル著の同名短編を基に、サディスティックな連続殺人犯“グラバー”(イーサン)に誘拐され、防音の地下室に閉じ込められた13歳の少年フィニーの物語を描く。地下室には古いダイヤル式の黒電話が壁に取り付けられており、少年は外部との接触を試みるが電話は通じず、グラバーから「壊れているんだよ。ぼくが子どもの頃から」と言われてしまう。フィニーは「叫んでやる。おまえの顔を引っかいてやる」と怒りを言葉に込めるが、グラバーは全く動じず「この顔を?」と挑発してみせる。グラバーは常に気味の悪いマスクで顔を覆っているのだ。

しかしある時、壊れているはずの電話が鳴る。これまでに行方不明になり、グラバーの餌食となった子どもたちからの電話で、彼らは電話を通じてフィニーを地下室から脱出させようと試みるのだった。

予告編に対する映画ファンの感想は「おもしろそう。まずは原作の短編から読んでみる!」「鳥肌が立った」「すごくいい!」と好評だ。

『The Black Phone』は2022年2月4日全米公開予定。



(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 10/14 11:10
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます