『乃木坂工事中』料理対決を10倍面白くした番組スタッフの“テロップ力”

『乃木坂工事中』(テレビ愛知、テレビ東京系)にて2週に渡って繰り広げられた『期別対抗 料理クイーン決定戦』の決勝戦が10月10日に放送され、ファンは勝ち上がった1期と3期のどちらが勝利するのかクギ付けになっていた。

 そんななか、一部のファンからは彼女たちお手製の美味しそうな料理とは別に、番組を“味付け”したスタッフへの称賛が飛び交っているという。アイドル誌ライターが言う。

「以前から言われていたことですが、『乃木坂工事中』のテロップが秀逸だと話題になっています。同番組のテロップの定番パターンとしては、乃木坂46がリリースしている曲の題名に掛けたものがあります。例えば、今回の料理クイーン対決では、2回戦でラップの最後の部分が見つからなくなってしまった梅澤美波に、番組MCでバナナマンの設楽統が『見つける裏技を知っていましたが、その裏技を忘れてしまいました』と声をかけるや、<忘却の雑学>とテロップが出ました。これはアルバム収録曲の『忘却と美学』という曲名にかけたもの。また、決勝戦では右手で調理しながら左手に包丁を握ったままの生田絵梨花が『いつのまにか握っていた』と言ったところでかぶせてきた<気づいたら片手重い>のテロップは、8thシングル『気づいたら片想い』と掛けていました」

 確かに、コアなカップリングまで把握しているのはまさにスタッフの鏡である。

「他にも3、4期生がこの世の肉料理全てをカバーしていると言われたほどさまざまな肉料理をふるまったシーンでは<ミートアンドグリート>と、乃木坂46が握手会の代わりにオンラインで行っている『ミート&グリート』というイベントからひねり出していました。meetとmeatをかけるウィットにとんだテロップにはうならされました(笑)。また、筒井あやめが『多分、味つく』と発言した際には<賭けグルメ>とのテロップが。これは、ドラマと映画作品の『賭ケグルイ』とかけたわけですが、同作には生田とすでに卒業した松村沙友理が出演しており、乃木坂46には縁のある作品です。このように、曲名のみならず、乃木坂46の関連事項までカバーしているのは本当にすごいとしか言いようがない」(前出・アイドル誌ライター)

 番組の企画力、バナナマンの巧みなMCに加え、このテロップが『乃木坂工事中』、ひいては乃木坂46人気の立役者なのかもしれない。

「日曜深夜のテレビ東京では『乃木坂工事中』『そこ曲がったら、櫻坂?』『日向坂で会いましょう』と立て続けに坂道グループの冠番組が放送されますが、その中でも『乃木坂工事中』がバラエティ番組として一番おもしろいと感じるアイドルファンも多い。その要因のひとつに、この卓越した“テロップ力”があるように思います」(アイドル誌編集者)

 今後は、メンバーだけでなくテロップにも注目して番組を見ていきたいものである。

  • 10/14 8:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます