愛情表現が苦手女子は損をする?得する女性になろう!

拡大画像を見る


愛情表現をしているつもりでも、彼にはなかなか伝わらないのがつらいと悩んでいる女性は少なくないかもしれません。
自分の思いを彼に伝えたのだからこそ、愛情表現が必要になっていきます。彼も素直に好きだよとわかる態度で彼女がいてくれればそれだけでしあわせなのです。
では、愛情表現が苦手な女性はなぜ?損をするのか解説します。


彼に誤解を招く

まずは、彼に対して誤解を招くことがない行動をしてください。誤解を招いてしまうと結果として良いことが起きず、ましてや彼も納得がいかないことばかりとなりかねないのです。
素敵な彼には素敵な対応が一番です。愛されているのだと相手に伝わればそれだけで彼も幸せな気持ちになるのです。


ポーカーフェイス

気持ちがありながらも喜怒哀楽が表情に表れないと結果として上手く相手に伝わらなかったり、あるいは誤解を招くこととなります。
感情豊かにすることが、相手にとって安心感につながることはとても多いのです。
相手に素敵な感情を見せることによって、愛情表現に繋がり好きという想いが全面に出ることができます。


相手の気持ちが分からない

愛情表現をもって行動しているつもりが、自分では相手の気持ちが理解することができず、結果として相手が自分自身のことを嫌っているのではないか?と誤解されかねません。
相手がどう思っているのか伝わるか伝わないかは、とても大きな差があるからです。気持ちがわからないというだけで良い恋愛ができません。
相手に理解できる行動を心がけるべきです。


損をしないように

せっかく彼の事を大切に思っているのに、相手に気持ちが伝わらなければ損をする形にしかなりません。相手に気持ちが伝わる行動を目指す事、そして愛されていると感じることによって相手もそれだけの思いを伝えることができるのです。


まとめ

なるべく相手に愛情が伝わるようにすることで、彼も喜び一緒にいることに充実感をあたえることができます。彼が喜んでくれるならば、それだけで彼女も幸せと感じるはずです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/14 11:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます