東出昌大「新彼女・広島呼び寄せ愛」で引退危機!「1年半前」唐田えりかとの「3年不倫」謝罪会見の「3つの大ウソ」!!

拡大画像を見る

 俳優の東出昌大(33)の新恋人の存在を10月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

 東出といえば、2020年1月に女優の唐田えりか(24)との3年にわたる不倫関係が報じられ、同年8月には当時の妻で女優の杏(35)との離婚を発表。

 不倫報道を受け、東出が当時出演していた4本のCM契約は打ち切りとなり、その違約金は2億円という報道もあった。また、違約金は事務所が肩代わりしているとされる。

 そんな東出との熱愛が発覚したお相手は、30歳手前のAさん。アメリカ人の父親と日本人の母親を持つ、滝沢カレン似の美女で、東京・丸の内でOLをしているという。

 5月頃、東出のアピールから交際に発展。翌月には東出の要望でAさんは彼の近所に引っ越し、以降は毎日のように会っているという。また、東出はAさん宅に合い鍵を使用して出入りしており、文春記者からの直撃を受けたのもAさん宅から出てきた直後だった。

「さらに、東出は10月上旬、撮影のために広島県呉市に滞在。滞在先のホテルにAさんを呼び寄せていたというから驚きです」(女性誌記者)

『週刊文春』の記者の直撃受けた東出は、Aさんとの交際について言葉を濁したものの、終始丁寧に対応し、次の現場に入るため電車へと急いでいったという。

 しかし、東出の所属事務所は同誌の問い合わせに、事実関係を認めたうえで「ロケ先でのことが事実だとすれば、現在の東出の状況を考えるとまことに不見識な行動であると言わざるを得ません」と異例のコメントを出したのだ。

「所属事務所の女性社長は、東出さんに怒り心頭だといいます。だからこそ、これだけの厳しいコメントを出したのでしょう。東出さんの“彼女をロケ先のホテルに呼び寄せる”という行動は、彼が昨年3月の会見で語っていた言葉とは大きく矛盾しています。社長や関係者を裏切った、と言われても仕方がないのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

■「2億円肩代わり」の事務所社長は怒り心頭

 2020年3月17日、東出は唐田との不倫報道後、初となるイベントに出席。イベント終了後に囲み取材を行い、「杏さん、唐田さんのどちらが好き?」という芸能レポーターからの質問に言葉を濁して、さらなる批判を招いたことも記憶に新しい。

 その際、東出は「どうして過ちを犯した?」と問われると、「仕事においても、私生活においても、おごり、慢心、そのようなものがありました」と回答。

 今後の生き方については「人を裏切らず、そして、今回の件でたくさんの人を傷つけました。それは家族、仕事の方、友人、たくさんの人を裏切りました」「今後は人を裏切らず、最善を尽くして、ご迷惑をかけた方にも、御恩がある方にもお返ししていきたいと思います」と語った。

 さらに、「自身の犯した過ちを後悔しない日はありません。ですが、子どもたちが大きくなったときに、これ以上情けない思いをさせないように、今後の日々は最善を尽くしながら生きていきたいと思います」と今後の決意も新たにしていた。

「東出さんは現在は独身。恋愛に関しては誰にも文句を言われる筋合いはないでしょう。だから、今回の件も元妻の杏さんらを裏切ったわけではない。しかし、所属事務所の女性社長の思いを裏切ったのは間違いないでしょう。彼女は2億円とも言われる違約金を肩代わりし、東出さんの再スタートを可能な限りサポートしていた。

 にもかかわらず、ロケ先にAさんを呼び寄せるという、今の東出さんの状況でなくても、ちょっと考えられない行動をとっていたわけですからね」(前出の芸能プロ関係者)

■「今後は人を裏切らず」「これ以上情けない思いをさせないように」という言葉は……

 東出がAさんを呼び出した呉市のホテルには共演者やスタッフも滞在していたという。

「ただでさえ、仕事の、ロケの滞在先ホテルに恋人を呼ぶという行為が非常識ですよね。さらに、このコロナ禍ですから……。いくら10月に緊急事態宣言が全面解除されたとはいえ、まだまだ感染対策には細心の注意を注意する必要があります。撮影とは全く無関係のAさんを東京から広島に呼び出していたというのは、業界関係者からしても考えられない。

 彼は昨年3月の会見で、“仕事においても、私生活においても、おごり、慢心、そのようなものがありました”と語り、今後はそうしたことがないよう“最善を尽くして”生きていくと語っていた。今回、新恋人を仕事の滞在先の広島県呉市のホテルまで呼び出したという非常識な行為は、まさに“おごり”としか取られないのではと……。

 事務所の厳しいコメント、社長の怒りも当然で、これを流してしまえば所属事務所の評判も落ちてしまいかねませんからね」(前出の芸能プロ関係者)

 東出に呼び出されて行ったAさんは、現地に行くつもりはなかったが、東出に懇願され呉市に向かったようだ。

「東出さんは、会見では“子どもたちが大きくなったときに、これ以上情けない思いをさせないように、今後の日々は最善を尽くしながら生きていきたい”と語っていたはずです。ところが、その東出さんがAさんに会いたいがために、彼女に無理をいって来てもらったということですよね。

 週刊文春には、東出さんがAさんに相当甘えているような話も書かれている。そんな報道を子どもたちがいつか目にしたら、どんな思いをするのか……」(前同)

■甘えられる相手が必要?

「週刊文春の記者から直撃取材を受けたあと、東出さんは電車に乗り込んで行ったといいますが、今は本当にお金に余裕がない節約生活を送っているそうですね」(前出の芸能プロ関係者)

 不倫報道以降、東出への新規のオファーは激減。2020年9月の『女性セブン』(小学館)では、東出はほとんど電車で移動し、舞台の稽古場などには自作の弁当を持参。また、お茶もペットボトルのものを買うと高くつくため、自宅で煮出したものを水筒に入れて現場に持ってきていると伝えていた。

「そんな中の新恋人報道。恋愛をすること自体は全く悪いことではなく、自由なことで、仕事関係者は“東出らしいなぁ”ぐらいに受け取っているみたいですが、事務所、そして社長は違います。

 今回の報道で、東出さんを巡る状況は非常にマズいことになっていて、最悪の最悪、クビまでありえるのではないかとの声も、聞こえてきています」(前出の芸能プロ関係者)

 東出の新恋人報道に、ネットには「反省はしてないでしょうね。だってすぐ次の恋人が出来るんだもの。杏ちゃんも子どもたちも他人事なんでしょうね」「この方、どうやら常に自分を見ていてくれる、甘えられる相手が必要な方なんでしょうね」といったコメントも寄せられている。

 今回の報道で、東出への風当たりは今まで以上に強いものになってしまうのだろうか――。

関連リンク

  • 10/14 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます