V6三宅健、大人のDVDは「ファンタジー」!アイドルらしからぬカミングアウトに女性ゲストがドン引き!?

拡大画像を見る

 10月8日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で、V6の三宅健(42)が披露したV6メンバーについてのトークや、アイドルらしからぬ発言が話題になった。今回は三宅の他、すみれ(31)、井上和香(41)、和牛の水田信二(41)らが登場。ダウンタウンの松本人志(58)、フットボールアワーとともに、お酒を飲みながら本音トークを展開した。

 番組中盤で、すみれが恋愛に関して友人から束縛グセを指摘されることが多いと告白。本人には自覚がないため、ゲスト男性陣に「どこからが束縛になるのか」を判定してほしいと訴えた。すみれが「SNSで誰に“いいね!”してるかチェックしちゃう」と言うと、水田は「もうダメですよ。それは」と即ダメ出し。続いて「キャバクラに行ったりするのが嫌だ」と言うと、松本も「キャバクラは、僕もちょっとダメだと思いますよ」「あんまりしょっちゅうハマっちゃうのは」と共感していた。

 ここで井上も「でも束縛しません?」「若い頃とかしてませんでした? 私、結構してましたけど」と告白。当時井上は、彼氏が喧嘩して家から出ていくと、事前リサーチした“彼氏の行きそうな場所”まで追いかけていったと明かし、彼氏が寝ている間に携帯をチェックすることも当たり前だったと語り、男性陣から「怖い怖い怖い」「あかんで」とドン引きされていた。

 すみれが彼氏がアダルト誌を読んでいても「やきもち焼いちゃう」と言うと、井上も「DVDとかって、なんで見るんですか?」「彼女もいて幸せなんじゃないんですか?」と畳み掛け、後藤輝基(47)から「DVD……、三宅くんどうですか?」と話を振られた三宅は、「見ますよ」と悪びれることなく即答。

 井上は「やめて! 聞きたくない」と耳をふさぎつつ、「え、何を求めてるんですか? それで」と質問。三宅は「ファンタジー、ファンタジー」と笑い、「そのDVDとかによって、浮気をしないで済んでるかもしれない」と“大人のDVD”の必要性について力説し、すみれを納得させていた。

■マネージャーが把握しているV6の“取説”

 その後、自身のトークの番になると、三宅は「僕たちのメンバーに対して、マネージャーさんが取扱説明書っていうのがあって」「僕だったらすごく寒がりなので(部屋の)温度を上げるとか、白湯を用意するとか」と切り出し、森田剛(42)には「飲み物って言ったら甘いカフェラテとかカフェオレを用意する」、岡田准一(40)は技をかけてきたりするため「近くを通るときはみんな身構える」など、カミセンの“取説”があると明かし、「皆さんはそういうのあるんですか」と質問した。

 三宅が明かしたこの話に、ファンからは「カミセンのトリセツ助かる(笑)」「岡田くん、なんで技かけてくるのw」「森田くん甘いカフェラテ好きとかやっぱかわいいな」「トニセンのやつも知りたい」など大喜び。

 ちなみに坂本昌行(50)、長野博(49)、井ノ原快彦(45)らトニセンの“取説”については、2017年11月20日放送のラジオ『三宅健のラヂオ』(bayfm)で当時のマネージャーが、坂本は車に乗る際に必ず助手席に座る、甘いものをあまり食べないためお菓子を用意しない、食通で知られる長野は用意される食べ物にも強いこだわりを見せるため、マニアックな食べ物をすぐ買ってこられるように事前調べが欠かせない、井ノ原は森田と対照的にブラックコーヒーを好むため「コーヒー」と言われたらブラックを用意するなどと明かしていた。

 そんなマネージャーたちの支えもあって、25年間も同じメンバーで活動してきたV6。今年11月1日、デビュー26周年の記念日に解散することが決まっている。6人そろったV6の姿を見られるのもあとわずか。その雄姿を最後まで目に焼きつけよう。

関連リンク

  • 10/14 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます