出世街道まっしぐら?!“上司に好かれるコミュニケーション術”とは

1日の大半は仕事をしている人が多いので、職場の人間関係は生活を豊かにするために重要なポイントです。
とくに、上司に好かれれば、職場の雰囲気がよくなり出世への道が開けるかもしれません。

今回は、上司に好かれるコミュニケーション術を4つご紹介します!

(1)仕事以外の話もする


職場だからといって、業務に関すること以外話せないというルールはありません。
仕事に関する話ばかりすると、その人の人間性や中身まで知ることが難しいです。

ちょっとした休憩中や仕事終わりに、仕事以外の話をするとリラックスして話せます。

(2)基本的に聞き手に回る


上司と話す時は、基本的に聞き手に回るのがオススメです。
上司は、自分の話を聞いてくれる部下を可愛がる傾向があります。

贔屓されれば、仕事の面でさまざまなメリットがあるので、ぜひ上司の話をたくさん聞いてあげてください。

(3)共通点を見つけたらすかさずアピールする


ただ一方的に上司の話ばかり聞くのは、こちら側がつまらないですよね。
心の中で部下が「つまらない」と感じているのは、言わないだけで大抵の上司は気づいている様です……。

お互いが楽しく話すために、上司との共通点を見つけたらすぐ「僕もです!」とアピールすれば、話が弾みやすいです。

(4)ペットを飼っているなら動物系の話をしてもOK


もし上司がペットを飼っている場合、写真を見せてもらったり自分のペットの話題を出したりするのもアリです。

世間の話題を知らない人でも、自分のペットの話になるとおしゃべりが止まらなくなります。
ペット好きな上司は、動物系の話を振ってみるのもオススメです。


上司に好かれるために、周囲を蹴落とすのではなく全員を仲間として囲む方法がオススメです。
今後の自分のためにも、ぜひ上司に好かれるコミュニケーション術を身に付けてみてください!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/14 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます