キンプリ岸優太『VS魂』の「Do」ポンコツ英語はビジネス? 英会話スクール・インスタ、世界進出を視野に猛勉強

拡大画像を見る

 King & Princeの岸優太(26)が10月9日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)に出演。かつて語学留学していたことを明かす場面があった。

 この日は、俳優の鈴木亮平(38)をゲストに迎え、これまでの足跡を追った“人生チャート”を紹介。その中で、鈴木が1年間、米国に留学していたという話題になったところ、岸もデビュー後に留学していたことを明かした。

 しかしそれがたったの1週間だったことから、ハリセンボンの近藤春菜(38)やバイきんぐの小峠英二(45)から「留学っていうのかな?」「それ、ただの旅行だろ!?」とツッコまれるはめに。岸によると、1週間みっちり語学学校に通っていたという。そんな岸に対し、嵐の櫻井翔(39)が「1週間で身になったことって、なんかあるの?」と尋ねると、岸は「まず言葉じゃないんだなと思って」と答え、共演者から「語学留学いってるのに!?」と再びツッコまれていた。

 すると、それに慌てた岸は「自分のソウルで、ジェスチャーでけっこう伝わったりもする」と釈明。さらに「ちょいちょい語学は持って帰ってきた」と胸を張り、いまだに覚えている単語として“Do”を挙げた。それを聞き、櫻井が「知らない意味があるかもしれない」と言いながら、その意味を確認すると、岸は「“する”です」と真顔で答え、櫻井を爆笑させていた。

■英会話の実力はかなりのもの?

 このように、ポンコツすぎる英語力を露呈させていた岸だが、レギュラー出演する『VS魂』(フジテレビ系)の英語クイズ『English Quiz Show』でも、英語オンチぶりで笑いをとっている。10月7日の放送回では、回転寿司店で“たまごの握り”を頼む際に、店員役の外国人女性に向かって、「It’s egg! Just egg! egg! egg! egg!」と連発し、視聴者の笑いを誘っていた。

 バラエティ番組で岸のポンコツ英語は鉄板ネタになりつつあるが、関係者によると、ワザと英語が苦手な姿を演出している可能性があるという。

「ここのところ、キンプリの新曲は海外を意識したものが増えていて、10月6日リリースのアルバムに収録された『Easy Go』も全編英語の楽曲となっています。海外向けの曲に対応するため、キンプリのメンバーは英会話スクールに通うなどして、英語力を磨いているようなので、岸も日常英会話ぐらいなら楽勝のはずですよ」(アイドル誌ライター)

 キンプリの公式インスタグラムの投稿には、英訳も併記されているが、それらを書いているのは、キンプリのメンバーたちだといわれている。かなりの長文が掲載されていることもあるので、もし岸も書いているとすれば、その英語力はかなりのものなはずだ。

関連リンク

  • 10/14 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます