田原俊彦「行方不明」石橋貴明「再婚サイテー」岡田圭右「見栄っ張り」仙道敦子「ドジすぎ」!2世タレントたちの「過激暴露」ブーム!!

拡大画像を見る

 10月12日の明石家さんま(66)の冠番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、3時間スペシャルとして『秋の超豊作さんま御殿 メダリスト&大物2世 イライラ美人妻の逆襲』が放送された。

 大物芸能人の2世タレントが集結した『2世』ブロックでは、大スターの親の衝撃的な一面が語られるシーンもあった。

「“うちの親がちょっと変だなと感じるとき”というトークテーマでは、田原俊彦(60)を父に持つタレントの田原可南子(27)が登場。可南子は、“既読無視なんですよ。最後に会ったのが半年前で。LINEを返されていなくて4〜5か月経ってるんですよ。悲しくて悲しくて。一応ニュースで生存は確認できているんで。捜索願を出したいくらいの気持ちなんですよ”と話し、父の俊彦の行方を把握していないというのです。

 さらに可南子は父がどこに住んでいるかも把握していないといい、“私は今日の『さんま御殿』の場をお借りしていいですか、このカメラに向かって。パパ、今どこで何していますか? LINEだけ返事ください。一緒にご飯行きたい”と、まさかの呼びかけまでしていました」(テレビ誌ライター)

 とんねるずの石橋貴明(59)の長女で、今年7月31日に一般男性と結婚したばかりの石橋穂乃香(32)は、「父が小学4年生のときに離婚してるんで、あんまり人と付き合うこととか、結婚に憧れがない」との結婚観を語った。

「穂乃香の結婚観を聞いたMCのさんまは、“再婚、どうやった?”と、彼女の母と離婚してまもなく鈴木保奈美(55)と再婚した貴明について聞きました。すると、穂乃香は“いや、もうショックでしたよ。お父さんサイテー”と当時の心境を明かしたんです」(前同)

■2世タレントの“暴露”ブームが到来!?

 1つの番組で田原俊彦、石橋貴明と2人のスターの子どもから衝撃的な発言があったが、

「今回の『さんま御殿』にかかわらず、このところ芸能界に数多くいる2世タレントたちがバラエティ番組で親についての“暴露”をするのが、ちょっとしたブームのようになっているんです。やはりスター、有名芸能人の裏話は受けますからね。しかも、子どもしかしらない特別な秘密が語られるわけですから、番組サイドとしては最高でしょうね」(夕刊紙デスク)

 2002年の『M-1グランプリ』王者・ますだおかだの岡田圭右(52)を父に持つ岡田結実(21)は、5月4日の『さんま御殿』で、父の金銭感覚に物申した。

「番組では、視聴者から寄せられた“夫が家族に倹約を強いる一方、会社の後輩には気前よくおごってしまう”という投稿が紹介されたのですが、これに対し結実は、“こんな旦那さん絶対嫌だ”とし、“芸人さんとかもそうじゃないですか。うちの父もすごいそうだった”と、父の圭右も家族に倹約を強いるタイプだったといいます。

 結実は、父のこうした金銭感覚が相当嫌だったようで、“それが本当に嫌いで。キモいって思っちゃいます、正直”とまでコメントしました。圭右の金銭感覚を嫌がったのは結実だけではなく、10月12日の『さんま御殿』に出演した圭右の長男・岡田隆之介(23)もそうだったようで、“すごくケチ”“ほんとにケチ”だと父の金銭感覚に文句を言っていましたね。

 さんまは、結実と隆之介に対して“それは教育やと思うぞ”と、圭右をフォローする発言をしていました。実際に圭右にもそういった考えがあるのかもしれませんが、兄妹揃ってテレビ番組で文句を言われてしまったのですから、親心は伝わっていないようです」(前出のテレビ誌ライター)

■大物女優の息子も暴露「天然でちょっとドジ」

 祖父に故・緒形拳さん、両親に緒形直人(54)と仙道敦子(52)を持つ緒形りょう(21)は、5月2日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でバラエティデビューを飾った。

「芸能一家に育ったりょうですから、当然家族についての話題も出ました。祖父の拳さんについては“小さいころから祖父を見て、莫大なオーラがあって、毎回パンチしてました”と生前の思い出を振り返りました。また、父の直人については“甘々です”“ただ、昔から礼儀とか人に対するリスペクトを大切にしていて、そこだけはほんとうに厳しく育てられた”とのエピソードを語り、母の仙道は“天然でちょっとドジ。段差ないのにつまずいたり”と、意外な一面を明かしていました。

 りょうは、5月2日付のウェブメディア『ASBS』のインタビュー記事で、“僕たち家族は、従姉妹たちみんなと集まって頻繁に食事会を開いたり、年に一回は旅行に行くほどとても仲が良いんです”と話しています。家族関係も良好なようですし、今後家族について語るにしても、あまり過激な話は出てこないかもしれませんね」(前出のテレビ誌ライター)

 ヒロミ(56)と松本伊代(56)を両親に持つ小園凌央(26)は、4月13日放送の『さんま御殿』で伊代の困った行動を暴露した。

「伊代は、凌央が年頃であるにもかかわらず、なかなか彼女ができない現状を心配しているといい、“自分がやってるレギュラー番組のADさんと2ショットを撮って、『この子、いい子だからどう?』ってめちゃくちゃLINEが来るんです”と、勝手に彼女候補を見繕って連絡してくると明かしました。

 凌央は“こんな痛い母親います? 地方のテレビ局の子とかも送ってくるんですけど、まず会うこともできないし。もし地方に行ってバッタリ会ったときの気まずさときたらもう、恥ずかしくて本当にやめてほしいんです!”と訴えていました。たしかにこれは、母親が芸能人かどうかに関係なく、子どもであれば誰でもやめてほしいと思うであろう”ありがた迷惑”でしょうね」(前同)

 ここにきて、2世タレントたちの“スター親”の暴露が次々と起こっているようだ。

「2世タレントが持っている親のエピソードはとても貴重で、芸能界を生き抜く上では大きな武器になりますし、番組サイドに求められればつい暴露してしまうのでしょう。ただ、親は、次に何を言われるか分からないですし、現在、距離感があれば暴露の内容についての相談や報告もないかもしれない。ヒヤヒヤしているのではないでしょうか」(前出の夕刊紙デスク)

 子どもの役に立つなら、親たちは多少の暴露はOK!?

関連リンク

  • 10/14 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます