“新婚”櫻井翔&相葉雅紀のNHK『紅白』出場は消滅!?「過去VTR」も“NG”!進行する「5人の嵐」の“プレミア化”!!

拡大画像を見る

 嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)が9月28日、それぞれ一般女性と結婚したことを同時に発表した。

 日本中から祝福の声が寄せられた2人が、今年の大みそかに『NHK紅白歌合戦』で司会を務めるのではないかと、複数のメディアが報じている。

「たしかに、櫻井さんと相葉さんは嵐を代表して『東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター』を務め上げましたし、嵐の『カイト』は『NHK2020ソング』でしたからね。NHKへの貢献度も非常に高く、2人は『紅白』の司会の有力候補だと言えるのでしょうね」(女性誌編集者)

 10月12日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、NHKが今年の『紅白』でオリパラ関連の企画を検討しており、その中で櫻井と相葉をスタジオに招く計画もあったと報じている。

「しかし、その計画は頓挫しかけているといいます。それは、櫻井さん、相葉さんのみならず、大野智さん(40)、二宮和也さん(38)、松本潤さん(38)も“『紅白』には5人そろって出たい”という思いがあるからだそうです。

 櫻井さんと相葉さんだけで出演することは、他のメンバーの気持ちを裏切ることになる。そのため、オリパラ関連の企画での出演は難しいのではないかと記事では伝えています。ただ、櫻井さんの相葉さんのダブル司会は“まだ可能性がある”ともささやかれているようです」(前同)

 嵐のメンバーは以前から「5人じゃなければ嵐じゃない」と公言してきた。

「その“5人の嵐”が活動休止後、以前にも増して“プレミア化”しているんです」(制作会社関係者)

 5人の嵐の“プレミア化”とはいったいどういうことなのか?

■嵐の過去VTRは基本的に“使用NG”に……

 嵐については、芸能活動をすべて休止した大野の不在が際立ってしまうため、「メンバーが共演する際には2人まで」という“新ルール”が設けられた、という報道もあった。

「事実、活動休止からここまで嵐のメンバーは2人以上で共演していません。さらに、ここ最近は過去の嵐のパフォーマンスを収めたVTRも、使用するのは基本的にNGになっているそうです。

『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)や『音楽の日』(TBS系)、『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)などの音楽特番で、ガッツリ長尺でVTRを流す場合には、かなりしっかりとした金額の使用料を払ってOKをもらうそうですが、“ちょっと使わせてください”といったオファーに対しては基本的にNGが出るそうです。

“共演は2人まで”ルールが言われている中、嵐5人の意向なのかもしれませんし、またジャニーズ事務所サイドも“5人そろった嵐”を簡単には流させないことで、さらなる“プレミア化”を狙っている可能性もあるのかもしれませんね」(前出の制作会社関係者)

 VTRではなく、本当に5人がそろう場面は、いつ見られるようになるのだろうか――。

関連リンク

  • 10/14 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます