空港でスーツケースの重量超過を指摘された夫婦、中に隠れていたチワワに唖然(米)

拡大画像を見る

米テキサス州ラボック郡に住むジャレッド・オウエンスさん(Jared Owens)が先月26日、空港での出来事をFacebookに投稿したところ多くの関心を集めた。ジャレッドさんは先月下旬頃、妻のクリスティさん(Kristi)と2人でラスベガス旅行に出かけたという。

夫婦には2人の幼い娘がいるが、今回は夫婦水入らずの旅だったようだ。しかしジャレッドさんは空港のチェックインカウンターで、サウスウエスト航空の職員に「荷物が5.5ポンド(約2.5キロ)の重量オーバー」と指摘されてしまった。

その後、夫婦は自分たちと一緒に飛行機に乗ろうとしている者がいたと知ることになる。ジャレッドさんはその場でスーツケースを開けて中の荷物を減らそうとしたところ、なんと彼のブーツの中から夫婦が飼っているチワワの“イッキー”が出てきたのだ。

夫婦によるとイッキーは何にでも潜り込むのが好きなようで、普段から洋服などの中に潜り込んだりするそうだ。そのためイッキーは今回、スーツケースの中にあったジャレッドさんのブーツに潜り込んでしまったようだ。驚いた夫婦だが、イッキーを戻すために一旦帰るとなると飛行機に乗り遅れてしまう可能性があった。

すると幸いにも夫婦の対応をしていたサウスウエスト航空の職員であるキャシー・クックさん(Cathy Cook)が、ラスベガスから戻るまでの間はイッキーを預かると申し出てくれた。ジャレッドさんはのちに『KCBD』のインタビューに応じ、このように当時のことを語った。

「キャシーという名の素晴らしいサウスウエスト航空の職員が、私たちがラスベガスへ行っている間、イッキーの世話をしてくれたのです。下手したら彼女は私たちを『ラスベガスへ犬を密輸しようとした』と通報する事もできたでしょうがそんな素振りは微塵もなく、それ以上の親切をしてくれたのです。」

またジャレッドさんは、飛行機に搭乗する前にイッキーを見つけることができたことでサウスウエスト航空の職員に感謝の意を述べた。ジャレッドさんはインタビューの最後にこう話している。

「イッキーを見つけられたことに、本当に感謝しています。だってこのままラスベガスに到着したら、おそらくスーツケースの中で息絶えたイッキーを目にすることになっていたでしょうから。」

画像は『Jared Owens 2021年9月26日付Facebook「You know it’s going to be an epic trip to Vegas when you get to the airport to check your bags….」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 10/14 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    10/14 7:46

    幼い娘二人を家に放置してきたわけもなく、ではイッキーはどこに居る予定だったのか?

記事の無断転載を禁じます