「恋です!」2話、鈴木伸之“獅子王”に「いいヤツすぎ」「良いライバル」などの反応多数、“女優”めるるにも絶賛の声

拡大画像を見る

杉咲花が主演する「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」の2話が10月13日放送。生見愛瑠の女優ぶりに「違和感なくて良い」「演技力さすが」といった声が上がり、鈴木伸之演じる獅子王にも「いいヤツすぎ」「良いライバル」などの感想が寄せられている。

勝ち気だけど恋には臆病な盲学校生で、“色がうっすらわかる”“ルーペを使えば大きい字を認識できる”程度の弱視で外出時は白杖が必要な赤座ユキコを杉咲さんが、地元では名の知れたヤンキーで、自分なりの“正義”があるが、他人からはまったく理解されない黒川森生を杉野遥亮がそれぞれ演じる本作。

また妹を心配してユキコと森生を引き離そうとする姉の赤座イズミに奈緒。森生の中学時代の同級生で、イジメから守ってくれた森生のことが好きな橙野ハチ子に生見愛瑠。森生のライバルで何度もケンカをふっかけてくる金沢獅子王に鈴木さん。

森生とは小学生時代からの友人、緑川花男に戸塚純貴。森生の子分的存在の桃井草介に堀夏喜(FANTASTICS from EXILE TRIBE)。ユキコが通う盲学校の同級生、紫村空に田辺桃子。生まれたときからの全盲の青野陽太に細田佳央太。森生や花男たちの溜まり場となっている喫茶店の店主で、元ヤンキーのアネゴ肌な橙野茜にファーストサマーウイカといった俳優陣も出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

空と映画を観に行くため待ち合わせ場所に向かっていたユキコは森生と再会。そこに空から風邪をひいたと電話が入り、急遽予定はキャンセルに。自分と一緒に映画に行こうと提案する森生に押し切られ、ユキコは2人で映画を観に行くことに。そのことを知ったハチ子はユキコと森生の後を追う…というのが2話のストーリー。

喫茶店で白状と点字ブロックを「発明した人マジありがとう」と話し、映画館ではポップコーンを食べたがっていたユキコのために、彼女の手のひらにポップコーンをのせてあげる…。そんな森生に今週も「白杖と点字ブロックを生み出した人にマジ感謝する森生。かわいい」「発明してくれた人まじありがとうwww森生いい子だな~」「ポップコーン渡すシーンとかほっこりしてほっこりしてほっこりする。黒川最高かよ」といった声が寄せられる。

一方、ユキコに嫉妬しひどい言葉を口にして彼女を傷つけてしまうハチ子。ハチ子を演じる生見さんに対し視聴者からは「女優めるる。バラエティとはまた違うし、違和感なくて良いね」「めるる演技うまくてめるるじゃないひとかとおもった」「嫌な役をしっかり自然にこなしてるめるるの演技力さすが」といった反応が。

ハチ子から浴びせられた言葉で一度は森生を拒絶するユキコだが、また森生と会うために初めて1人でバスに乗る。しかし経由を間違え見知らず場所で降りるはめに。タクシーを拾おうとするがなかなか捕まらない…そこに現れた獅子王はユキコを車に乗せ、森生の家まで送る。

そんな獅子王にも「金獅子いいヤツすぎかよ…」「獅子王?のぶっきらぼうに助ける感じもいい!!鈴木伸之さんてこういう役似合うなぁ」といった声が。また再会したユキコと森生の楽しそうな姿を見て、寂しげに車に乗り込む様に「サッと立ち去る金沢獅子王もいいヤツ。良いライバル関係なのがわかる」「獅子王が森生に失恋したみたいにみえるんだが」「ただ単に森生のこと好きなだけじゃね」といった感想も寄せられている。



(笠緒)

関連リンク

  • 10/14 0:20
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます