バルセロナ、ぺドリと契約延長で合意か…違約金は1300億円超え?

拡大画像を見る

 バルセロナとスペイン代表MFぺドリが、契約延長で基本合意に至ったようだ。13日、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じた。

 新たな契約期間は2026年6月30日までとなり、10億ユーロ(約1313億円)の契約解除金が設定される模様。すでに細かい条件面でも合意しており、数時間〜数日の間に契約が結ばれるようだ。

 現在18歳のぺドリは、2020年夏にラス・パルマスからバルセロナへと完全移籍。類稀なサッカーセンスを武器に、加入間もなくして定位置をつかみ、ここまで公式戦通算56試合の出場で4ゴール6アシストを記録している。

 2021年3月にはA代表デビューを飾り、今夏に行われたEURO2020の全6試合に出場するなど、ここまで10キャップを数えている。また、EURO終了後には東京オリンピックにも参加し、全6試合に出場して銀メダル獲得に貢献した。

関連リンク

  • 10/13 21:33
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます