【海外競馬】エリザベス女王が英殿堂入り、馬主として多くの名馬を所有

 イギリスのエリザベス女王が、ブリティッシュチャンピオンズシリーズ殿堂の特別貢献者部門で、殿堂入りを果たした。

 サラブレッドを、競馬を愛し、有力馬主としても知られるエリザベス女王は、1954年と1957年に英平地チャンピオンオーナーの地位を獲得。

 ディープインパクトの3代母ハイクレアをはじめ、カロッツァ、ポールモール、ダンファームリンといったクラシックウイナーを所有。

 2013年には、例年は女王が優勝トロフィーを授与するロイヤルアスコット開催のゴールドカップ(英G1)を自身の所有馬エスティメイトで制し、子息のアンドリュー王子からトロフィーを授与され、大きな脚光を浴びた。

(ブリティッシュチャンピオンズシリーズ殿堂のホームページより)

関連リンク

  • 10/13 21:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます