豪州戦で一部サポーターが「コールを行うなど」禁止行為…JFAが謝罪「ルールを徹底できなかった」

拡大画像を見る

日本サッカー協会(JFA)は13日、12日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選グループB第4節日本代表vsオーストラリア代表戦(2-1)において、一部のサポーターによる禁止行為があったことを報告した。

 JFAは「JFA サッカー活動の再開に向けたガイドライン」に基づき、観客に対して入場前の検温やマスクの着用、手洗いなどの協力を求めるとともに、大きな声を発したり、声による応援を禁止するなどルールを設けて新型コロナウイルス感染予防に取り組んでいる。

 しかし、『埼玉スタジアム2002』で行われたオーストラリア代表戦で、一部サポーターにより「大声で歌う、コールを行うなど、周囲の皆さまに不安を与え、ルールをしっかり守って応援いただいている方々に不快な思いをさせる行為」が行われたとJFAは報告。JFAは、「このような禁止行為があったことは極めて残念なことであり、また、大会を主管するJFAとしてルールを徹底できなかったことを衷心よりお詫び申し上げる次第です」と謝罪した。

 JFAは再発防止に向けて、「引き続き、安全・安心な観戦環境を提供すべく感染症対策にしっかり取り組むとともに、ファン・サポーターの皆さんにも観戦ルール/マナーの順守と節度をもった応援にご協力いただくよう周知徹底を図ってまいります」としている。

関連リンク

  • 10/13 21:01
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます