ミランに痛手…DFテオ・エルナンデスの新型コロナ陽性を発表

拡大画像を見る

 ミランは13日、フランス代表DFテオ・エルナンデスの新型コロナウイルス陽性を発表した。

 先日まで代表の一員としてUEFAネーションズリーグを戦っていたT・エルナンデスは、帰還後に自宅で行った検査で陽性が確認されたという。すでに管轄の医療機関には報告しており、同選手は順調に回復しているという。

 T・エルナンデスは隔離措置により、数試合の欠場が予想される。ミランは16日にセリエA第8節ヴェローナ戦、19日にチャンピオンズリーグ・グループB第3節ポルト戦、23日にセリエA第9節ボローニャ戦を控えている。

 現在24歳のT・エルナンデスは、2019年夏にレアル・マドリードからミランへと移籍。不動の左サイドバックとして活躍しており、今季はここまでの公式戦全9試合に出場して1ゴール3アシストを記録している。

関連リンク

  • 10/13 20:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます