探し物がもっと見つけやすく! 「Tile」が接続距離&防水性能を強化

拡大画像を見る

 SB C&Sは10月28日に、米Tileのスマートトラッカー(忘れ物防止タグ)「Tile(タイル)」の新ラインアップ「Pro(2022)電池交換版」「Mate(2022)」「Sticker(2022)」「Slim(2022)」の4製品の販売を、SoftBank SELECTION オンラインショップ、+Style、Amazon.co.jp、全国の大手家電量販店などで開始する。SoftBank SELECTION オンラインショップでは、10月13日から予約を受け付けている。

 「Tile」は、iOS/Android対応のスマートトラッカーで、キーホルダー型、カード型、ステッカー型などをラインアップしており、どんな物にも取り付けられるので、幅広いシーンに対応する。
 新製品は、従来製品の使い勝手の良さはそのままに、デザインを一新し、いずれも本体をマットブラックに統一した。Bluetooth接続距離の拡大や防水機能の強化、呼び出し音量アップに加えて、全世界で探し物を見つけるネットワーク「ロスト&ファウンド」を新たに搭載した。また、2022年初頭に防犯対策機能「スキャン&セキュア」の搭載を予定している。
 「ロスト&ファウンド」は、落とし物を見つけた人が持ち主へ知らせることができるサービスで、紛失した「Tile」を拾った人が、キーホルダー型とカード型の「Tile」裏面に記載されているQRコードをスキャンすると、持ち主があらかじめ登録した連絡先に通知される。
 「スキャン&セキュア」は、スマートトラッカーの悪用を防ぐために、専門家の指導のもとで開発を進めている防犯対策機能で、意図しない不明なデバイスが近くにないかを「Tile」アプリからスキャンして確かめられる。
 価格は、「Pro(2022)電池交換版」が4680円、「Mate(2022)」が3280円、「Sticker(2022)」が3780円、「Slim(2022)」が4680円。

関連リンク

  • 10/13 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます