嵐のライブフィルム「ムビチケ」争奪戦 高額転売は無視!チャンスまだある

拡大画像を見る

アイドルグループ「嵐」のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM "Record of Memories"」が、2021年11月26日に全国公開となる。そのデジタル映画鑑賞券「ムビチケカード券」購入をめぐって、ファンから嘆きが続出している。

販売開始してすぐに売り切れ、フリマアプリでは高額で続々と転売されている。

定価の3倍以上の価格で大量に転売

同作品には、2018年11月~19年12月に行われた20周年ツアーのライブ風景が収められている。現在グループは活動休止中だが、スクリーンでは5人の歌って踊る姿が見られる。

2021年10月8日正午から、チケット販売サイト「チケットぴあ」でムビチケカード券の販売がスタートした。ところが、大人(大学生以上)の券はあっという間に売り切れ。その3日後の11日正午には、2回目の販売が開始されたものの、こちらもすぐに売り切れた。

フリマアプリ「メルカリ」には、このムビチケカート券が定価以上の価格で大量に出品されている。大人は定価3300円(税込)だが、多くが1枚1万円台と3倍以上の価格がついている。中には2万円近いものもあり、すでに取引が成立していた。

同作品のチケットは、ムビチケカード券のほかにムビチケオンライン券、通常の鑑賞券がある。ただ、ムビチケカード券にだけ、嵐のメンバーの姿がデザインされており、記念に欲しいというファンが多い。また11月3日には、最先端の技術を駆使したシネマ「ドルビーシネマ」全国7か所限定で先行公開になる。ドルビーシネマで鑑賞するには追加料金と座席の事前予約が必要だ。先行公開と同時に鑑賞するために、一刻も早くムビチケカード券を手に入れたいと考える人もいるようだ。

始発で映画館に行って並ぶ

2021年10月15日からは、各映画館の窓口でムビチケカード券が発売になる。各劇場のオープンと同時に販売開始だ。劇場側も混雑を想定し、当日は早朝から整理券を配布する、と公言しているところもちらほらある。

ファンはツイッターで、始発で映画館に行って並ぶ、午前中は有休取って争奪戦に参加する、などと意気込みをみせており、当日は映画館がライブ会場のように混み合いそうだ。なお、ムビチケカード券は今後もチケットぴあで、10月18日~11月22日までの間に6回に分けて販売が予定されており、購入する機会はまだまだある。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/13 19:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます