当て逃げ事故の木下富美子都議にボーナス200万円の可能性「ゴゴスマ」伝える

拡大画像を見る

 TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」が13日の放送で、沈黙を貫き、議会でも欠席を続けている東京都議会議員の木下富美子氏が200万円のボーナスを受け取る可能性を示した。

 木下氏は、免許停止期間に当て逃げ事故を起こしたが、それを公にしないまま7月4日に3万票近くを獲得して都議会議員に当選した。その後、事故の詳細が報じられ、同月6日に所属していた会派「都民ファーストの会」を除名処分となったが、1人会派「SDGs東京」を立ち上げ議員としての活動を継続している。

 ただ、当選後は都議会に姿を見せておらず、2度の辞職勧告には応じていない。議会から召喚状を出されて、13日が期限だったが、体調不良を理由に欠席を続けている。「都民ファーストの会」特別顧問でもある小池百合子都知事は「召喚状が出ているっていう状況を彼女はどう理解しているのか」とコメントしている。

 「ゴゴスマ」では報酬について、議員報酬81万7600円+政務活動費50万円、合計131万7600円の3カ月分がすでに支払われているとした。さらに、ボーナスは12月1日時点で在職なら約200万円、11月1日時点での在職でも6割に当たる約120万円が支給されると伝えた。

 木下氏は自身のホームページで、議員歳費は「受け取るべきではない」という考えを示している。公職選挙法により返納できないため「公の活動への『寄付』に充てるなど、しかるべき対応をとって参りたい」と受け取る意向ではないとしている。

 司会の石井亮次アナウンサーは「あと2週間ちょっと在職なら冬のボーナスも満額の6割、120万出る。もしかしたら『11月1日まで滑り込んで、120万も』という気持ちがあったら、都民、耐えられないですね」と東京の有権者の気持ちを代弁。「出てきて、まずは説明しなさいっていう話ですよね」とあきれていた。

関連リンク

  • 10/13 18:02
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます