反町隆史、スムージー作りへのこだわりが強すぎて娘に叱られていた!

拡大画像を見る

 俳優の反町隆史が10月10日放送の「おしゃれクリップ」(日本テレビ系)にゲスト出演し、スムージー作りにハマっていることを明かした。

「おしゃれイズム」の後番組としてスタートした同番組では、記念すべき第1回目のゲストに反町が登場。「マル秘私生活を初公開!」と銘打ち、大物イケメン俳優の知られざる素顔を深掘りした。

 普段のイメージとは異なる私服のショーパンとネイビーのセーターという涼しげなスタイルで現れた反町は、小麦色に焼けた健康的な美脚を披露。そのコーディネートのテーマは「大人子ども」で、遊び心を演出しているという。

 また、オシャレだけでなく健康にも気を遣っており、毎朝のスムージー作りはルーティンの1つで、多忙な場合は前日の夜にあらかじめ材料の下ごしらえを終わらせておくこともあると説明。2人の娘の健康管理も徹底し、「父親として自分のこだわりっていうのがあって、変なこだわりですよ。娘が20歳になった時に、父親として健康な体をプレゼントするっていうのが、娘に対して、何というのかな、プレゼントなんですよ」と語った。

 しかし、スムージー作りをめぐっては過去にトラブルも勃発。反町は「本に書いてあるようなものは美味しくなるように作ってるのよね。糖分が多かったりとかして飲みやすく作っている。これはアカンなと。せっかく作って飲むのに、糖質だけ多いとかさ、酵素があんまり取れないとかだったら、あんまり意味がないじゃない」と指摘し、徐々に改良を加え、“反町流”のアレンジを効かせるように。

「プロテインとか入れちゃう?」などと発案し、娘に飲ませていたところ、「これ何でスムージーなのに固まってるの?」と突っ込まれ、「色んなものを入れるのはやめてほしい」と叱られてしまったという。

「普段ならあまり語られることのない、家庭内における父親としての反町と娘らとのやり取りが明かされ、貴重な初回放送となりました。また、娘の健康を気遣う姿には、MCの女優・井桁弘恵も感動し、『言われた通りに何でも食べます』とコメント。ネットでも、反町と妻で女優の松嶋菜々子を両親に持つ2人の娘に対する羨望の声があふれ、『娘さんたちは幸せだと思うよ! 美男美女の両親でかつ裕福で』『いや、もうこの2人の子供に生まれるってどんな徳を積んだらいいのって感じ。家に帰ったらお父さんが反町隆史で、お母さんが松嶋菜々子だよ? ありえん!笑』『父親が反町隆史で母親が松嶋菜々子ってもうただのファンタジー』などの反応や、何歳になっても若々しさを保つ反町についても『番組観てましたが渋くてカッコいい! 歳を重ねてからさらに素敵に』『昔より今のほうがカッコよく感じる』『ほんっとにかっこいい! いいなぁこんな旦那さま‥‥って妻も松嶋菜々子って無敵すぎる』などのリアクションが飛び交っています」(芸能ライター)

 日頃から筋トレを欠かさないという反町は、マネージャーから「なぜそんなに鍛えているの?」と聞かれ、「この筋肉は10年前に鍛えた筋肉で、今は10年後の自分の身体のために鍛えている」と答えるのだという。

 反町が誇る“渋カッコよさ“の秘訣は普段からの激しいトレーニングによっても形成されているのかもしれない。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 10/13 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます