明石家さんま、今は眠剤使用で5時間…「24時間眠らない男」になったワケ

拡大画像を見る

 明石家さんまが10月12日に放送された「踊る!さんま御殿!!秋の超豊作SP」(日本テレビ系)で語った自身の“睡眠事情”が話題となった。

 番組では“気になって仕方がないこと”のトークテーマで、女優の奈緒が“3分間で眠れるYouTube動画”が、実際に観始めると2時間近くあり、逆に気になって眠れなくなるというエピソードを披露。結局、「まあいっか」と半ば諦めるのが眠りにつけるコツと明かすと、さんまは「私は“まあいっか”がないんだ…」と呟いた。

 そこで出演していたヒロミに「いつも何時間くらい寝るんですか?」と聞かれると、さんまは「今は5時間くらい」とし、「眠剤飲んでいるから。55歳からそうしている」「それまでは寝た記憶があんまりない」と打ち明けた。

「最後には『寝られる人が羨ましい』とまで語っていましたが、さんまはかねてより“24時間眠らない男”として有名。実際、以前は1日に3時間ぐらい睡眠をとると2日間眠れない時もあるという超ショートスリーパーだったことも明かしており、今回語っていたように、周囲からの強い勧めで10年ほど前から無理矢理5時間は睡眠をとるようにしているとか。ただ、その就寝時間については朝の6~7時に寝て昼に起きる逆転生活の時もあると語っていますね」(芸能ライター)

 いったいいつから、そうした眠らない習慣が身に付いたのか。

「どうやら師匠(2代目笑福亭松之助)による教えが大きいようです。かつてさんまのインタビュー記事を読んだおぎやはぎの矢作も説明していましたが、その師匠に“楽屋で寝ている芸人は大成しない”“寝ているヒマがあったら外でネタを探せ”と言われていたのだとか。ただ、それを無理やり睡眠をとるようにし始めた55歳まで守っていたのだとしたら、それはそれで驚きです」(エンタメ誌ライター)

 66歳なだけに、体調には気を付けていただきたいものだ。

関連リンク

  • 10/13 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます