古舘伊知郎 当て逃げ事故&議会欠席の木下富美子都議に「議員持続不可能」

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーでタレントの古舘伊知郎が13日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」に出演し、沈黙を貫き、議会でも欠席を続けている東京都議会議員の木下富美子氏について、議員を続けることは「不可能でしょう」と断罪した。

 木下氏は、免許停止期間に当て逃げ事故を起こしたが、それを公にしないまま7月4日に3万票近くを獲得して都議会議員に当選した。その後、事故の詳細が報じられ、同月6日に所属していた会派「都民ファーストの会」を除名処分となったが、1人会派「SDGs東京」を立ち上げ議員としての活動を継続。ただ、当選後は都議会に姿を見せておらず、2度の辞職勧告には応じていない。議会から召喚状を出されて、13日が期限だったが、体調不良を理由に欠席を続けている。

 「都民ファーストの会」特別顧問でもある小池百合子都知事の「召喚状が出ているっていう状況を彼女はどう理解しているのか」というコメントが伝えられると、古舘は「なんですかね、この人は。何を持って執着してるんですかね」と苦々しい表情。「ここまで来たら辞めるしかないじゃないですか。それでも『SDGs東京』ってね…議員持続不可能でしょう」と首をかしげていた。

 「SDGs」とは「持続可能な開発目標」の英語表記「Sustainable Development Goals」の頭文字を並べたもの。

関連リンク

  • 10/13 17:28
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます