東京 感染者72人 倉持医師、医療体制の備え強調「減っている時こそ」

拡大画像を見る

 東京都は13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに72人報告されたと発表した。前週の同一曜日だった6日からは77人減って、ほぼ半減となった。新規感染者が100人を割り込むのは5日連続。重症者は12人減って43人だった。

 TBS「Nスタ」に生出演していた宇都宮市「インターパーク倉持呼吸器内科」の倉持仁医師は、感染者数の発表を受けて番組内でコメント。感染者が急減した理由がはっきりしないことについて「きちんと分析するチームを立ち上げる」と提言。さらに「5波までの反省を踏まえて、コロナにかかった人が速やかに医療が受けられる体制作りっていうのが、感染者が減っている時こそ大事なこと」と“次”に備えることの重要性を説いた。

関連リンク

  • 10/13 16:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます