桑田佳祐、コロナ禍での有観客ライブ…ファンの温かい拍手に「通じ合っているような気がした」

拡大画像を見る

桑田佳祐がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのレギュラー番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」。10月9日(土)の放送では、現在開催中のアリーナツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2021「BIG MOUTH, NO GUTS‼」』について語りました。


桑田佳祐



9月18日(土)、19日(日)の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ公演を皮切りに幕を開けたアリーナツアー。全国10ヵ所20公演中、宮城、愛媛、新潟、広島の計8公演を終え、早速リスナーからは本ツアーにまつわるメッセージが続々と寄せられました。

<リスナーからのメッセージ>
突然ですが、桑田さんに質問です。今回の、マスク着用、声援なし、拍手いっぱいのライブと、以前のファンの生顔が見えて声援が飛び交うライブ、ズバリどちらがお好きですか? 今回のライブだからこそ発見できたことがありましたら、お聞きしたいです。



桑田にとって2年ぶりとなる有観客ライブとなったツアー初日を迎え、これまでとは違う客席を目の当たりにし、「今回はコロナ禍ということで、お客さんはマスクを着用し、声出しは不可といろいろと制約があったので、覚悟はしていたけど、やっぱり最初のうちは違和感があった」と本心を吐露。

しかし、「曲が終わるごとに、お客さんが一生懸命に拍手していただいているのを見て、気持ちと気持ちのやり取りというか、通じ合っているような気がした」と振り返り、「いつ元に戻るかはわからないけど、これはこれでまた新しいライブの形なのかなという気もする」と実感を語りました。

ライブ会場では、感染症対策のガイドラインに基づくさまざまな規制がありながらも「お客さんは最後まで我慢をして、マナーを守って応援してくださって本当にありがたい」と感謝の言葉を伝えました。

続いて、こんなメッセージも。

<リスナーからのメッセージ>
今回のライブ前には、メンバーさんやスタッフさんも一緒にラジオ体操やストレッチをされているそうですね。桑田さんは以前、ライブ会場には早めに行くほうだとおっしゃっていましたけど、ライブが始まるまでどんなことをされていますか? なにか決まったルーティンはありますか?



本ツアーのリハーサル時、みんなで一緒にストレッチとラジオ体操をするようになったという桑田は、「みんなでやることで、絆のギアがグッと入って“(ライブが)始まるぞ!”と。みんなマスクをしていて、お互いの顔がちゃんと見えない状態で、(ラジオ体操という)アナログなことだけど、みんなで一緒にツアーを走っている感じがしてね」と話します。

あらためて、「今回、お客さんにはいろいろとご無理を言って我慢していただいて、スタッフにも無理を言って協力してもらって……。僕自身、こうしてライブをやれていることをすごく幸せだと思っています。コロナ禍で、この年齢で、ステージをやらせていただいていることに感謝したい」と思いを語りました。

次回10月16日(土)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月17日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:桑田佳祐のやさしい夜遊び
放送日時:毎週土曜 23:00~23:55
パーソナリティ:桑田佳祐
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/yoasobi/

関連リンク

  • 10/13 17:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます