坂上忍 44位の群馬知事が激怒問題で調査会社の「上から目線」に「なんで?」

拡大画像を見る

 俳優・坂上忍が13日、MCを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」に出演。民間調査会社「ブランド総合研究所」(東京都)が発表した2021年の都道府県別魅力度ランキングで群馬県が44位だったことについて、山本一太知事が12日、「根拠の不明確なランキング」と改めて批判し、法的措置も検討するとの考えを示したことについて言及した。

 同調査は2009年から毎年実施され、今年が13回目。公式ホームページによると、20代~70代を対象に今年7月5日から20日の期間にインターネットで調査され、有効回収数は3万5489人。

 番組では、ブランド総合研究所の田中章雄社長の発言を引用し「このままでは県内の魅力を観光業などに波及できない そうした経済的な損失がないようにするための戦略を立案していただくために実施している調査です」などと紹介した。

 坂上は「ぼくはこの発言の方が大問題だと思うからね。なんでこんな上から目線じゃないといけないんだろう?、って、僕は思っちゃいましたけど」と調査に対する会社側の「上から目線」な態度に疑問を投げかけ、「あんたたち頑張りが足りないからこのランキング見て今後どうしていくか決めた方がいいんだよ、って言われてるようなものじゃないですか」とたとえていた。

関連リンク

  • 10/13 16:41
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます