江崎グリコ「ふぞろいのカプリコ」発売へ。フードロス削減につながってお得!

拡大画像を見る

江崎グリコは、社内の良品基準に当てはまらず、今まで販売することができなかった"ふぞろい品"の「ジャイアントカプリコ<いちご>」を2021年10月22日から数量限定で販売します。

「ジャイアントカプリコ<いちご>ふぞろい品」は10本詰め合わせ。希望小売価格は735円前後です。

美味しさはそのまま

江崎グリコによると、ジャイアントカプリコは、主にチョコレートを膨らます製造工程でふぞろい品が発生するのだそう。これらふぞろい品を無駄にすることなく、フードロス解決の一助につなげたいとの思いから今回の販売に至りました。

「ジャイアントカプリコ<いちご>ふぞろい品」は、形はふぞろいではあるものの美味しさはそのままのちょっとお得な商品です。

パッケージデザインも、ふぞろいなカプリコをそれぞれの個性としてイメージしてもらう仕立てです。

Glicoグループは、風味などの基本的な品質は満たしているものの、形状に欠けがあるなどの規格外商品をふぞろい品としてアウトレット販売を行うことで、2050年までに食品廃棄物を95%(2015年比)削減することを目指しているといいます。

販売店は、「ぐりこ・や」店舗7店(Kitchen 東京駅店、ダイバーシティ東京 プラザ店、ユニバーサル・シティウォーク大阪店、ekimo なんば店、道頓堀店、通天閣 わくわくランド店(地下1階)、三木サービスエリア店)と、新大阪駅 ぐりこ・やコーナー(エキマルシェ新大阪内)。

関連リンク

  • 10/13 16:13
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます