橋下徹氏 小室さん髪形話題から茶髪グラサン時代を掘り返される「無理してました」

拡大画像を見る

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が13日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」で、小室圭さんの髪形の話題から、自身の若かりし頃の茶髪時代を振り返り「本当に無理をしてました」と苦笑いで反省した。

 番組では秋篠宮眞子さまと小室圭さんの結婚まであと2週間となったことから、会見はどうなるのかなどを新聞報道などを使って議論した。

 その中で、小室さんの髪形の話題となり、千原ジュニアが「橋下さんもしかりですが、弁護士の人、髪形に特徴を持ちたいんですか?」と質問した。

 これに石井亮次アナが「金髪、茶髪の風雲児時代!」と、橋下氏が若かりし頃の風貌を茶化すと、橋下氏は苦笑いで「あれは無理やり、ああいうスタイルを」と説明。長髪の小室さんも「もしかしたら無理やり…」と自分と重ね、推測した。

 石井アナは「それは世間への反発ということ?」と聞くと、古舘伊知郎も「橋下さん、薄いブルーの色入ったグラスを(かけてた)」と髪形だけではなく、サングラスも特徴的だったと振り返った。

 若い頃のスタイルの話が次々出てくることに橋下氏は「本当に無理をしてました。今はフツーに」と苦笑いは止まらず。さらにかつて、橋下氏が生放送で「不適切発言」をし、生放送を退出させられた話題まで掘り返されると、やはり過去、生放送で不適切発言をしてしまった松本明子も参戦。2人とも両腕を抱えられてスタジオを追い出されたという共通点も見つかり、石井アナは「羽交い締め仲間」「みんないろいろある」と驚きの声を上げていた。

関連リンク

  • 10/13 15:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます