今それ言う!?彼女をムッとさせるデート直後のLINE9パターン

好きな女性との初デートを終えたら、気持ちが熱いうちにLINEで感謝を伝えたいところ。とはいえ、内容によっては女性の気分を害してしまう危険があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「初デート直後のLINEで『今それ言う?』と腹が立ったメッセージ9パターン」をご紹介します。

【1】「今日の服装は好みじゃなかった」など、女性のオシャレにダメ出しする
「気合入れてかわいくしてったのに、何様?」(20代女性)というように、女性の服装やメイクにケチをつけると、「大きなお世話」だと思われてしまうようです。「かわいかった!」と褒める以外では、服装について語るべきではないでしょう。

【2】「映画はイマイチだったね」など、マイナス点を挙げて振り返る
「わざわざネガティブな話をする意味がわからない」(20代女性)というように、デート中のマイナス点を口にすると、楽しい気分に水をさしてしまうようです。映画がイマイチだったらそこには一切触れず、楽しかったことだけを振り返るのが正解でしょう。

【3】「今日おごっちゃったから金欠だよ」など、恩着せがましくお金のことを言う
「そんな言い方されるくらいなら割り勘のほうがマシ」(20代女性)というように、デート代についてネチネチ言うと、冗談混じりでも女性をイラッとさせてしまうようです。自分の意思でおごったのなら、あとからわざわざ口に出さないほうがいいでしょう。

【4】「次はちゃんと計画立てて誘うから」など、今日のデートの反省会をはじめる
「それは一人でやってくれればいいから」(20代女性)というように、本人は真剣なつもりでも、「デートの反省会」は女性のテンションを下げるようです。改善すべき点を自覚しているなら、「次回のデート計画」に反映させればおのずと伝わるでしょう。

【5】「次の休みは○○に行こうね!」など、一方的に次のデートの約束を迫る
「あんまり強引だとちょっとキモい」(20代女性)というように、次のデートに誘うのはいいとしても、性急すぎると女性を引かせてしまうようです。「次は自然を感じたいね」などと大まかな提案に留め、彼女の同意を得てから詳細を相談しましょう。

【6】「今日は本当に楽しかった?」など、自信なさげに採点を求める
「オドオドされると冷める」(20代女性)というように、デート直後に評価を求めて、「自信のない男」だと思われてしまうケースです。相手の反応をうかがうよりも、「楽しかったよ、ありがとう!」と明るく感謝を伝えたほうが爽やかな余韻を残せるでしょう。

【7】「超楽しかった」「また会いたい」など、短文をやたらと連続して送る
「気持ちはわかったから、まともな文章書いて」(20代女性)というように、せっかくLINEでメッセージを送っても、いい加減な短文では誠意が伝わらないおそれがあります。「何が楽しかったか」「今どんな気持ちか」を簡潔な文章にまとめたほうが好印象でしょう。

【8】「さっきのデートでキスしちゃえばよかった」など、図々しい希望を述べる
「頭が冷静になってるときに言われるとイラッとくる」(20代女性)というように、帰宅後でテンションが落ち着いている女性に図々しいメッセージを送ると、不快な気分にさせてしまうようです。紳士的にデートを終えたのなら、最後までそれを貫きましょう。

【9】「俺のどこが好き?」など、いきなり慢心した質問をしてくる
「好きになりかけててもドン引きする」(20代女性)というように、初デートを済ませたからといって、いきなり彼氏面したメッセージを送るのは逆効果でしょう。「どこが好き?」などと聞くのは、少なくとも正式に付き合い始めてからにすべきと心得ましょう。

せっかくLINEを使うなら、下手なメッセージで地雷を踏まないようにしたいもの。上手に使いこなして、次回のデートへ向けてテンションを盛り上げましょう。(呉 琢磨) 【調査概要】 期間:2014年4月26日から27日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/13 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます