ダノンザキッド、富士S1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

拡大画像を見る

 10月23日(土)に東京競馬場、芝1600mで行われる富士Sへの出走を予定しているダノンザキッド(栗東・安田隆行厩舎)。先週は斎藤新騎手が跨っての追い切りだったが、今朝13日の1週前追い切りは、レースで騎乗予定の川田将雅騎手が跨っている。

 2回目のハローが終了した時間帯のCWコースにフェズカズマとともに、正面から入場。2コーナーにある7F標識を勢いよく通過していくと、6F標識から15秒を切るラップ。先行したフェズカズマが3コーナーで少しペースを落としたが、スピードの勢いは十分に2頭が4コーナーを回ってくる。

 そして、最後の直線は内から追い上げるダノンザキッド。追いついてからが速いし、追い抜くのも速い。一瞬で相手に差をつけて、きっちりと先着してのゴール。時計は6F79.3〜5F64.9〜4F50.6〜3F37.0〜1F11.8秒だった。

 安田隆行調教師が「春とは全く違う状態」と語るように、強い負荷をかければかけるだけ、状態がアップしている現状。初めてのマイル戦、初めての古馬対戦となるが、むしろ魅力しかないチャレンジではないだろうか。

(取材・文:井内利彰)

関連リンク

  • 10/13 14:20
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます