ここ意識して!男が“キュンとするLINE・イラッとくるLINE”その違いとは

気になる男性とLINEする場合、できるだけ好印象を与えようとあれこれ頑張る女性が多いです。
しかし、頑張り方を間違えると、男性はイラっとくるかもしれません。

今回は、男性がキュンとするLINEとイラっとするLINEの違いを4つご紹介します!

(1)謙遜するLINEと自己肯定力が低いLINEは違う



男性から褒められた時、大抵の女性は「そんなことないよ~」とやんわり否定します。
他人に褒められる功績を残しても謙遜する姿勢を崩さないLINEは、男性もキュンとするようです。

逆に、「私なんてどうしようもない」「なんでできないんだろう」など自己肯定力が低い返事が来ると、「そこまで自分を下げなくても……」と気になってしまうのだとか。

(2)恋バナLINEで恋愛価値観を共有するのと押し付けるのは違う



恋バナをする時、お互いの恋愛の価値観について語り合いますよね。
自分の恋愛について多少反論があっても、最終的にはお互いが納得がいく結論に至るもの。

しかし、自分の価値観に絶対的な自信がある人は、その姿勢を崩さず押し通してしまいがちです。
恋バナで盛り上がれば男性も喜びますが、「男は〇〇」「男なんて」と失礼な価値観を押し付けるLINEはイラっとするようですよ。

(3)寝落ちした翌日に謝罪があるかどうかで印象がかなり変わる



夜遅くまでLINEをすると、そのまま寝落ちしたというパターンはよくあります。
翌朝気づいて「どうしよう」と思った時、「昨日は寝落ちした!ごめん!」と謝れば、その流れでLINEが続く可能性が高いです。

「夜遅かったから……」と自己解決してLINEを送らなかった場合、男性は「既読スルーするタイプかぁ……」と冷めてしまいますよ。

(4)おねだりLINEとわがままLINEの差は「言い方」にあり



皆さんは、「おねだり」と「わがまま」の違いはなんだと思いますか?
どちらも自分本位なお願いをしているのは変わりませんが、言い方によって印象が大きく違います。

「〇〇してほしいな!」とかわいくお願いするとおねだり、「〇〇しないとヤダ!早くして」とまくしたてるのがわがまま、といったイメージです。
言い方ひとつで印象が変わるので、意識してみるといいでしょう。


キュンとくるLINEとイラっとくるLINEの違いは、ズバリ「自分勝手な言動になっているかどうか」です。
同じ内容でも、言い方やタイミングによってキュンとする場合もあればイラっとする場合もあります。

イラっとするLINEを送らないように、今のうちから意識してみましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/13 15:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます