北海道の食材や郷土料理の大衆酒場「凧、凧 八幡山店」がオープン

拡大画像を見る

 パートナーズダイニングは、10月11日に北海道の食材や郷土料理をメインにした大衆酒場「凧、凧(はたはた)八幡山店」をグランドオープンした。

 凧、凧 八幡山店は、八幡山駅すぐの立地でカジュアルに飲める。北海道の肉や野菜、海鮮や蟹を使ったおつまみはもちろん、ランチの海鮮丼は映える見た目でお店イチオシの商品に仕上げている。また、ハイボールは190円からとリーズナブルなコスパで、カジュアル飲みを楽しめる。
 オススメの料理メニューは、北海道SPFポーク「ひこま豚」の「ロース肉のグローブ焼き」。生姜の効いたソースで食べるロース肉はワンポンドが1800円、半ポンドが950円となる。
 柔らかくてジューシー、食べ応えのある大きな肉をシェアして食べることができる。また、あての細巻きにネギトロをたっぷり乗せた「びっくりネギトロ」(680円)は見た目にも楽しい一品だ。
 その他、新鮮な「ラムレバーの炙り」(480円)や、店舗でまぐろから作る「自家製ツナ」を使った料理、「自家製ホタテ焼売」など、どれを注文しても「凧、凧」でしか味わえない逸品となっている。

関連リンク

  • 10/13 14:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます